最新のTOPICS

2021年度エコラン活動

  2021年8月8日(日)、HSR九州(熊本県菊池郡大津町)にて開催された「Hondaエコマイレッジチャレンジ2021第36回九州大会」に、機械工学科を中心とした8名の学生が参加しました。

松江高専エコラン活動詳しくはこちら
受託事業によるワークショップを開催しました。

 本校では、8月22日(日)にイオンモール出雲にて、小学生以下を対象としたワークショップを開催しました。このワークショップは、イオンモール出雲のイベントなどの企画を行う株式会社山広との間で、「小学生以下対象の夏休みの宿題」と題した受託事業契約を締結して実施したもので、当日は、機械工学科 本間寛己教授、土師貴史講師及び補助学生による「リムレスホイール」と「レスキューホイッスル」の工作や「レスキューロボット」(レスキューロボットコンテストに出場)の操縦体験を行いました。

機械工学科ニュース詳しくはこちら
Hondaエコマイレッジチャレンジ2021第36回九州大会出場

 2021年8月8日(日)、HSR九州(熊本県菊池郡大津町)にて開催された「Hondaエコマイレッジチャレンジ2021第36回九州大会」に、機械工学科を中心とした8人の学生が参加しました。

松江高専エコラン活動詳しくはこちら
日本機械学会 卒業研究発表講演会「優秀発表賞」を受賞

 日本機械学会の中国四国学生会では、毎年、卒業研究の成果発表のため、学生員 [ ... ]

機械工学科ニュース詳しくはこちら
レスコンチームが競基弘賞奨励賞を受賞

 本校レスコンチームが『第十六回競基弘賞 [ ... ]

松江高専レスコン活動詳しくはこちら

Pick UP記事

再生可能エネルギー利用に関する講演会を開催

 2019年6月26日(水)、本校において、再生可能エネルギー利用に関する講演会を開催し、機械工学科と環境・建設工学科の4・5年生,教員や地元企業の技術者など約110名が参加しました。講師には、我が国で初めて浮体式洋上風力発電を実用化させた戸田建設(株)エネルギー事業部の佐藤郁様をお招きし、「脱炭素ビジネス戦略と浮体式洋上風力発電の開発」と題してご講演いただきました。

機械工学科特別授業詳しくはこちら