卒業後の進路について

  機械工学科の卒業後の進路は、就職・進学さまざまです。就職と進学の割合は年ごとに違いますが、大体就職6割、進学4割です。

 さて、就職先についてお話しする前にちょっと考えてみてください。

 現在の機械は高い性能を持っています。例えば、新幹線は時速300km で走行します。少し前では、スーパーコンピュータと呼ばれる巨大なコンピュータでしていたような計算も皆さんが普通に買えるパソコンでできるようになってきました。

 これらの高性能な"もの"は、どうやって作られるのでしょうか? すべて人間の力だけでは作れません。つまり、どんなものでも手で触れられるものを作るためには"機械"が必要です。ですから、ほとんどすべてのものづくりに関わる企業で"機械工学科"卒業の学生を募集しています。

 また、知識と技術をともに持っている高専生への企業の期待は大きいため、卒業生は、県内・県外の企業へどんどん就職しています。

 もちろん、より知識を深め高度な学問を学びたい学生は、大学卒業資格をとれる"専攻科"や大学へ進学しています。大学でも頭も手も動く高専生は高く評価されており、さまざまな大学、多くの学生は国公立大学へ進学します。

 ここで、お得な情報です(と言って、もうご存知かもしれません)が、大学編入は、高校から入学するよりも有利な点が多いのです。例えば、編入学試験日が違えば何校でも大学を受験することができますし、大学でも頭も手も動かせる高専からの編入学生は高く評価されています。

 

 主な就職先

スズキ㈱コベルコ建機㈱デルタ工業㈱
ヒカワ精工㈱トヨタ自動車㈱JFEスチール㈱
㈱テクモヤマハ㈱㈱キグチテクニクス
JR東海㈱京セラ㈱本田技研工業㈱
マツダ㈱サントリー㈱㈱JAL航空機整備
島根トヨタ自動車㈱三菱重工業㈱村田機械㈱
キャノン㈱中国電力㈱川崎重工業㈱
JR西日本㈱リョービ㈱三菱農機㈱

 

主な進学先

松江高専専攻科大阪大学島根大学
東京大学九州大学九州工業大学
東京工業大学東北大学京都大学
広島大学岡山大学山口大学
名古屋大学豊橋技術科学大学長岡技術科学大学