火, 21 9月 2021

設立趣旨

松江工業高等専門学校は地元各位のご支援、ご協力のもと昭和39年に創設され、現在では約130名の専任教職員を擁し、機械工学科、電気工学科、電子制御工学科、情報工学科、土木工学科の5学科1,000名の学生が学んでおり、これまでに約4,500名の有為な人材を社会に送り出すとともに、技術科学の研究にも積極的に取り組み、有益な研究成果を挙げ、地域発展に貢献しております。

 近年では高専の学術研究に対して具体的な諸問題解決等のため多様な期待と要請が寄せられており、松江高専ではこれに応えるため学内の共同研究や地域産業との技術交流、共同研究を推進し、教育研究の一層の充実をはかるとともに地域の発展に寄与することを目的に「新技術教育研究センター」が平成8年に設置されました。

 松江高専ではさらに地域産業界との緊密な協力関係を形成し、地域社会の発展に貢献すべく産学共同体制の構想を打診されてこられました。

 そこで、このたび有志が相募り「松江テクノフォーラム」を旗揚げすることとなりました。

 

本会の活動趣旨はこちら→ MTFとは?

 

本会の定款はこちら→ 情報公開

松江テクノフォーラム事務局

〒690-8518

島根県松江市西生馬町14-4 松江工業高等専門学校内

TEL: 0852-36-5111

FAX: 0852-36-5119

E-mail: m-soumu(アットマーク)matsue-ct.ac.jp