防火・防災への取り組み

 松江高専では、近年多発している自然災害や想定外の事件事故から学生・教職員及び近隣の方々の身を守るべく、災害への対応として自助・共助・公助の3つの観点から様々な取り組みをおこなっております。

【取組み例】

【防災対策の見える化】

1.防災展示スペース

 松江工業高等専門学校学憩館内に防災展示スペースを設置し、防災に役立つ情報提供や備蓄品の紹介等をおこなっています。

 

詳しくはこちら。

 

【地域活動】

 

【防災コンテスト】

1.第3回高専防災コンテストにて最優秀賞を受賞

 令和3年3月15日(月)に第3回高専防災コンテスト(主催:独立行政法人国立高等専門学校機構、国立研究開発法人防災科学技術研究所)最終審査会がオンラインで開催され、本校からは環境・建設工学科の学生8名(C5荒木保乃香、C5石原千歳、C5片寄圭一郎、C5藤原澪、C5森円花、C4三島由衣、C4新宮こまち、C2飯野愛未:指導教員 芹川由布子)が考案した「THE BEST 10 ~多機能避難ベスト~」が、学生部門の「最優秀賞」及び当日の審査委員の最多投票数で決定された「気象災害軽減コンソーシアム賞」を初めて受賞しました。

 高専防災コンテストはこちら。

 

詳しくはこちら。