平成31年度 入学式 校長式辞

 

入学式  式辞

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

本日ここに、本科 201 名、3年次編入の留学生2名、専攻科 39 名、あわせて 242 名の学生の皆さんを松江高専に新入生としてお迎えしました。これから本校で皆さんが未来のエンジニアを目指して共に学び磨きあえることを教職員・在校生一同大変嬉しく思います。

また、これまでお子様を支えて来られたご家族の皆様にも心よりお祝い申し上げます。今後もどうぞお子様が卒業するまで温かく見守り続けていただける様お願い申し上げます。

ご来賓の皆様には、年度初めの大変お忙しい 中、ご臨席賜り厚く御礼申し上げます。

本校はエンジニアを育てる高等教育機関です。本科 1 年に入学された学生の皆さんは普通高校と大きく教育内容が異なる松江高専を目指し、とても強い志を持って入学して来られたはずです。自分自身が描いた将来に少しでも近づくためには何をすれば良いか、どう行動すれば良いか、自ら考え行動して欲しいと思います。新しい環境での学びにワクワクしながら毎日を送るためにも、本校の学生として、行動に責任を持ち、チャンスを自分自身の考えと行動で手にすることを、今日から始めて欲しいと願っています。将来、学んだ知識を知恵に変え、人間力を備えて地域社会や国際社会に貢献できるエンジニアとなれるよう、どんなことにも真摯に取り組んでください。

 本校には、みなさんのお手本となる先輩、学生 への熱き思いに溢れた教職員、最先端の施設設備など、ワクワクしながら目標を持って自己を磨き続けることが出来るとても素晴らしい環境が整っています。この環境でワクワク学び、楽しみながら学校生活を送れるかどうかは、みなさん自身の考えと行動にかかっていることを常に頭の隅において欲しいと思います。

松江高専は、多くの地域の中学校から難関の入試を乗り越えた学生が入学して来ています。多様な個性を持った学生が集まりそれぞれの個性を尊重しながら学びあっているところも松江高専の誇るところ、良いところです。お互いの違いや良さを認め合い、そして助け合い楽しみながら学んでください。信頼できる友人がいることは将来へ向かう大きな強みとなるはずです。今隣にいる学生が、5 年間苦楽を共にした後の卒業時には、生涯の大切な友人になっているかもしれません。どうぞ温かな友情を育んでください。

一方、中学校と異なる大きな環境の変化で不安や悩みが出てくるかもしれません。体調不良になるかもしれません。そんな時には、一人で鬱々と考えていないで早めに相談することをお勧めします。思春期の皆さんにはいろいろな悩みがあって当然です。相談相手はご家族、担任、先輩など誰でも信頼できる人であれば良いのです。学生相談室もあります。抱えきれなくなる前に誰かに相談することで心が軽くなり、解決できることがあることを知っておいてください。

 本科に入学された皆さんには、

1.ワクワク楽しみながら自らの考えと行動で地域社会や国際社会に貢献できる未来のエンジニアとしてのチャンスをつかむこと。

2.お互いの違いや良さを認め合いながら磨きあい友情を育むこと。

3.不安がある時や困った時には早めに相談すること。

この 3 つを心に留めて学生生活を送って欲しいと思います。

本科3年次に編入したモンゴルとブラジルからの留学生にはエンジニアとして日本の最先端の技術を学ぶだけでなく、ここ松江に息づく素晴らしい日本の文化や伝統にも触れてください。自国の産業をリードするエンジニアを目指すのは勿論ですが、日本語を更に磨き、友情を育み、日本と母国の架け橋となれる人材として目標を高く持ちながら、学んでいかれることを期待しています。

専攻科入学の 39 名の皆さんには、環境の変化に戸惑うことなく本科での研究を継続できるこ と、その研究をさらに大きく発展出来ることが専 攻科の強みの1つです。自分の専門性をより強固なものとするために高度な理論・技術を身につ け、創造性をもち、身につけた知識を知恵に変えられるエンジニアとして挑戦し続けてください。

但し、世の中の変革は今までにない速さで進んでいます。10 年後には今ある職業の 50%程がなくなるとも言われています。多様性の求められる社会では1つの専門分野だけではなく他分野に渡る視野と知識の習得を意識した学びが必要不可欠 です。また、グローバルな精神が大きく求められる中で、専攻科生として国際学会での研究発表な どにもチャレンジしてください。

2年間という期間はあっという間に過ぎ去りま す。ここでの努力は人生のさらなる道を間違いなく大きく開く鍵となります。この松江高専でチャレンジし続け、人としてさらに成長し世の中の課題の解決を目指し、この国をリードすることの出来るエンジニアを目指した成長を望みます。

また、これは専攻科へ入学した皆さんへのお願いですが、皆さんが辿ってきた同じ道を歩む本科のかわいい後輩たちの良き理解者・相談相手となっていただきたいと願っています。

最後に本日入学されたみなさんには、これまで 支えてくださった全ての方々に感謝の気持ちを忘れず、将来日本と世界をリードするエンジニアとして志を高く持ち、今日から始まる本校での学生生活がワクワクと楽しく実り多きものになることを祈念して、式辞といたします。

 
平成31年4月6日
松江工業高等専門学校長 平山けい