2019年11月のトピックス

5年生有志による編入説明会を開催

 11月11日(月)、本校236講義室において、来春大学編入学予定の5年生有志8名が「編入説明会」(3、4年対象:本校キャリア支援室後援)を実施し、3、4年生約100名が参加しました。5年生からは、大学編入学試験の概略、合格までの勉強・教材、不合格体験記も交えた後輩への応援メッセージが語られました。

 

 

本校学生がRubyWorld Conferenceに参加

11月7・8日にくにびきメッセで開催された『RubyWorld Conference 2019』に、本校の学生が参加しました。このカンファレンスは、プログラミング言語Rubyのさらなる普及・発展とビジネス利用の促進を目指して毎年松江市で開催されているもので、今年で11回目の開催となります。

カンファレンスに参加したのは、本校情報工学科4年生42名で、Ruby開発者まつもとゆきひろ氏の基調講演を始めとした講演等を聴講しました。また2日目には、本校情報工学科の杉山耕一朗准教授の講演「高専の授業にmruby/cを取り入れたプロジェクトの始動と将来展望」も行われました。

https://2019.rubyworld-conf.org/ja/

 

 

4年生によるインターンシップ報告会を開催

11月6日(水)本校において、4年生によるインターンシップ報告会を開催しました。この報告会は、4年生が夏休みを利用して、県内外の企業や大学、研究機関で実習した内容をプレゼン形式で発表するものです。報告会では5学科、10会場で合わせて206件の発表がありました。インターンシップの目的、受入先の概要や実習プログラムの内容、さらに実習の感想や後輩学生へのメッセージを発表しました。また、キャリア教育の一環として、3年生が本報告会を聴講して、熱心に質問する場面もありました。
 

 

 

 

第35回中国地区高等専門学校英語弁論大会(暗唱部門)に参加

  2019年11月2日から3日の2日間に渡って,山口県宇部市にある山口大学工学部で,第35回中国地区高等専門学校英語弁論大会が開催されました。この大会には,暗唱部門とプレゼンテーション・シングル部門があり,本校からは暗唱の部に,機械工学科3年の尾形 真桜さんが参加しました。夏休み前からコツコツと練習を積み重ね,本番でも堂々とした様子でスピーチしてくれました(スピーチタイトル:Installing Love)。残念ながら入賞には至りませんでしたが,他高専の学生たちとも交流でき,とても良い刺激を受けたようです。これを契機に,英語学習に一層励んで欲しいと思います。

 

島根県高等学校将棋新人戦で女子優勝

11月2日(木)に松江市民活動センターで行われた「第17回島根県高等学校将棋新人戦」に囲碁将棋部員4名が参加し、女子個人戦で電気情報工学科1年吾郷菜月さんが見事優勝しました。吾郷さんは12月に松江市で行われる中国大会と、令和2年2月に福島県で行われる全国大会への出場権を得ました。男子個人戦では、電子制御工学科2年宮﨑夏月君が6位に入賞し、中国大会への出場権を得ました。