2019年7月のトピックス

再生可能エネルギー利用に関する講演会を開催

6月26日(水)、本校において、再生可能エネルギー利用に関する講演会を開催し、機械工学科と環境・建設工学科の4・5年生,教員や地元企業の技術者など約110名が参加しました。講師には、我が国で初めて浮体式洋上風力発電を実用化させた戸田建設(株)エネルギー事業部の佐藤郁様をお招きし、「脱炭素ビジネス戦略と浮体式洋上風力発電の開発」と題してご講演いただきました。ご講演では、再生可能エネルギー利用の必要性や同社が長崎県五島列島で進めている浮体式洋上風力発電の技術開発,さらには島根県沖に存在する豊富な風力エネルギー資源などについて,スライドや動画を使って詳しくご説明いただきました。質疑応答では、学生から「なぜ五島列島で実海域試験しているのか?」などの質問があり,中でも「会社でうまく仕事する秘訣は?」という質問に対して、佐藤様はご自身の経験に基づき、「まずは自分が仕事を頑張ること。そうすれば,周りが助けてくれる。あと、困っていることは率直に周りに伝えること。コミュニケーションをとることはとても大切。」と話されていました。

本校では、国際社会や企業などの行動目標とされるSDGs(持続可能な開発目標)を意識できる学生の育成を目指し、今回と同様な講演会を今後も開催する予定です。

 

トビタテ留学JAPANにてシンガポール一年間留学

トビタテ留学JAPANに採用された専攻科生2名が、この春からシンガポールに留学しています。

電子情報システム工学科2年の錦織さくらさん(情報工学科出身)は、トビタテ留学JAPAN島根県地域人材コース第9期生として、シンガポールのTemasek Polytechnic Information & ITコースにて、WebページとAndroid Apps開発のプログラミング、Data Visualizationなどを勉強しています。

電子情報システム工学専攻2年の小鹿滉人君(電気情報工学科出身)は、トビタテ留学JAPAN日本代表プログラム大学生等コース第11期生として、同じくシンガポールのTemasek Polytechnic Aerospace Electronics(航空宇宙エレクトロニクス)コースで航空宇宙工学を勉強しています。

 

二人からメッセージが届きました。

錦織さくら 錦織メッセージ.pdf

小鹿滉人 小鹿メッセージ.pdf

二人の留学生活がブログに綴られています。

錦織さくら http://nohohonpark39.hatenablog.com/

小鹿滉人 https://aerospacebambi.hatenablog.com/

 

 

島根県選手権水泳競技大会、100m,200m背泳ぎで表彰台

7月6日(土)、7日(日)、島根県立水泳プールにおいて令和元年度島根県選手権水泳競技大会(国体予選)が開催され、本校水泳部の三代龍之輔君(専攻科・生産建設工学科2年生)が、200m背泳ぎ準優勝、100m背泳ぎ3位で、両種目とも表彰台に上がりました。おめでとうございます。応援に駆けつけていただいた皆様、ありがとうございました。

 
【松江高専水泳部】 http://www2.matsue-ct.ac.jp/g-kai/swim/
 
【島根県水泳連盟】 http://shimane-suiren.jp/

 

4年インターンシップ直前セミナー

6月26日(水)、28日(金)、7月3日(水)の3日間にわたり、今夏インターンシップを控えた4年生200余名を対象に、ジョブカフェしまねキャリアアドバイザーを講師に招いて、インターンシップ直前講座「ビジネスマナーセミナー」を実施しました。
学生たちは様々なワークを通して、学生と社会人の違い、双方向コミュニケーションの大切さ、マナーの考え方、第一印象の重要性、あいさつ・返事のことば、おじぎ等を学んだ後、自分なりの「インターンシップの目標」を立て、グループ内で発表しました。

 

産学交流企画2019(高専特化版)の実施

 7月2日(火)に松江高専において環境・建設工学科4年生を対象に,島根県技術士会青年部による産学交流企画2019(高専特化版)が行われました.
今回の企画は,これからのインターンシップや就職活動を見据えて,県内で活躍されている技術士の方から基本的な仕事内容から会社の詳細な情報まで幅広く話を聞くことで,将来の進路をより明確にすることを目的としています.
今回は,20名を超える技術士の方に来て頂いて,仕事に関する幅広い内容をやさしく丁寧にわかりやすく説明して頂きました.この企画を契機に,学生には,これからのインターンシップや将来の進路をより深く考えてほしいと考えています.