ワークルールセミナーを開催

2月6日(水)に4年生及び専攻科1年生を対象として、また12月18日(火)に企業から内定を受けた5年生及び専攻科2年生を対象として、一般社団法人ワークルールより講師を迎え、「離職防止セミナー・ワークルールセミナー」を実施し、約350名の学生が参加しました。

「離職防止セミナー」では自分の「興味」だけでなく「得意」を活かす仕事を考えること、職場で「期待されていること」を知る重要性などを学びました。

「ワークルールセミナー」では、「ブラック企業」「労働条件通知書」「変形労働時間制」「パワハラの要件」等の働くときのルール(権利)を知るとともに、「職務専念義務」「自己管理義務」「秘密保持義務」等の働くときのマナー(義務)の大切さも学びました。雇用主の給与支払額と労働者の給与受取額の差が、労使双方の「意識の差」を生むことも、心に深く刻まれたことと思います。