2018年3月のトピックス

土木教育賞を受賞

生産・建設システム工学専攻2年木村圭佑君がH29年度の土木教育賞を受賞しました。本賞は, 高専生活を通じて勉学, 部活動, 研究活動, コンテスト等を総合的に評価し、
学生の模範となる者に贈られる賞です。木村君は, 学業が優秀なだけでなく, 野球部の主将, 海外での研究活動, ボランティア活動等も評価され,
受賞しました。詳細は, 土木学会 高等専門教育小委員会 広報誌 civil timesに記載されています。

CG-ARTS 文部科学大臣賞 個人賞を受賞

本校情報工学科4年坂本洸君が、CG-ARTS協会「文部科学大臣賞 個人賞」を受賞しました。本賞は、CG-ARTS前期・後期検定試験のエキスパート、ベーシックの成績において極めて優秀であった者に当該協会から文部科学大臣に推薦し大臣より贈られるものです。坂本君は、2017年度前期CG-ARTS検定 マルチメディア検定ベーシックにおいて、優秀な成績を収め本賞を受賞するに至りました。

3月9日(金)、CG-ARTS協会専務理事が本校を訪れ本賞について代読頂きました。受賞おめでとうございます。

島根県高等学校野球連盟 より表彰

電気情報工学科3年 日野 史敬くんは、本校の高野連野球部主将として1年間チームを牽引し、夏の全国高等学校野球選手権 島根大会では、念願だった初戦突破を果たし、初の3回戦進出という成績を収めました。これらの活躍が評価されて、島根県高等学校野球連盟より表彰状を授与されました。

SI2017優秀講演賞を受賞

専攻科生産・建設システム工学専攻1年の三好圭一朗君(機械工学科出身)がSI2017優秀講演賞を受賞しました。これは2017年12月20日(水)~22日(金)に仙台国際センターで開催された、第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会での発表、「不思議遊星歯車機構を応用したレスキューロボットコンテスト用移動機構の開発(三好圭一朗、村田祐哉、齊藤陽平、本間寛己)」が評価されたものです。三好君の研究成果は第17回レスキューロボットコンテスト出場ロボットにも搭載されており、技術審査員に好評でした。