2018年2月のトピックス

ビジネスアイデアコンテストで入賞

高校生対象にビジネスアイデアを募集する『第12回 龍谷大学ビジネスアイデアコンテスト』に本校の学生2名が入賞しました。本コンテストは、普段の生活の中でひらめいた新しい商品や世の中をちょっとよくするサービスを募集するもので、応募総数826件の中から本校学生によるアイデア2件が入賞しました。受賞者は下記の通りです。

入選:森山 敬之(情報工学科2年)「けーす by ケース」
佳作:藤井 康平(情報工学科1年)「伝統弟子入り仲介サービス」

日本知能情報ファジィ学会 中国・四国支部奨励賞を受賞

本校電子制御工学科5年の加藤大地君が、日本知能情報ファジィ学会 中国・四国支部奨励賞を受賞しました。本受賞は、2017年12月16日(土)に広島市で開催された同学会の中国・四国支部大会における研究発表が評価されたものです。大学院生による発表が多いなか、最年少の発表者での受賞となりました。

加藤大地,佐々木 光,堀内 匡,青代敏行:
「深層強化学習の実機ロボットへの応用:車輪型移動ロボットの行動獲得」

●第22回 日本知能情報ファジィ学会 中国・四国支部大会
http://www2.matsue-ct.ac.jp/home/horiuchi/SOFTCS/conference_current.html
 

 

松江高専同窓会・後援会 マイクロバス贈呈

松江高専で1月28日,松江高専の教育活動の支援の一環として,同窓会及び後援会からマイクロバスが寄贈されることとなり,その贈呈式が行われた。贈呈式では陶山同窓会会長及び形岡後援会会長から,平山校長及び学生会長の中村愛梨さんにバスの鍵のレプリカが渡された。続いて,利用者を代表して学生会長の中村愛梨さんから感謝の言葉が述べられ,寄贈者を代表して陶山同窓会会長から「マイクロバスを利用し学生が益々活躍することを祈念する」旨の挨拶があった。最後に平山校長から「松江高専の学生の教育活動にために有効に活用していきたい」と御礼の挨拶があり,贈呈式は終了した。

陶山同窓会会長(写真中央左),形岡後援会会長(写真左)
平山校長(写真中央右),中村学生会長(写真右)

全国高専英語プレコンに出場

1月27日(土)~28日(日)「第11回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」が国立オリンピック記念青少年総合センターで行われ、シングル部門に16名(各地区大会優勝者と準優勝者)、チーム部門に3人一組の10チーム(DVD予選通過)が出場しました。本校からは、シングル部門に佐川優希さん(環境・建設工学科3年)が出場しました。佐川さんは全国大会2年連続出場、中国地区大会3年連続優勝を果たしました。閉会式後は、審査委員長の服部孝彦氏(大妻女子大学大学院教授)から丁寧なコメントをいただきました。

第11回全国高専英語プレゼンテーション公式ページはコチラ