電気学会中国支部奨励賞を受賞

平成29年10月に岡山理科大学で開催された平成29年度電気・情報関連学会第68回中国支部連合大会に専攻科1年の山本凌君が発表した論文が平成29年度電気学会中国支部奨励賞を受賞することとなりました。Bi-2212相超電導単結晶のc軸方向へ直接電流を流すと、電流の増加による電圧変動の不連続性と、厚さの違いによるI-V特性の変動が観測されます。これは、c軸方向にトンネル電流と通常の電流が混在して流れるためです。また温度サイクルによるIcの変動から、熱変動よりトンネル電流の流れる領域が変化することがわかりました。

受賞対象となった研究名:『積層構造Bi-2212相超電導単結晶の面間電流』

今尾研究室の受賞歴: http://www2.matsue-ct.ac.jp/control/old/link2/imao_lab/jyushou.htm