2016年11月のトピックス

専攻科生が優秀論文発表者賞受賞!

9月13日(火)~15日(木)に岡山大学で開催された「第51回地盤工学研究発表会」において、井上紘一君(生産・建設システム工学専攻2年、環境・建設工学科出身)の専攻科1年時の研究成果が評価され、優秀論文発表者賞を受賞しました。

●優秀論文発表者賞
井上紘一(生産・建設システム工学専攻2年)
「全国電子地盤図を用いた意宇平野の表層地盤特性」


第51回地盤工学研究発表会公式サイト

 

島根県高等学校将棋新人戦で初優勝

11月3日(木)にパルメイト出雲で行われた「平成28年度島根県高等学校将棋新人戦」に囲碁将棋部員15名が参加し、以下の4名が入賞を果たしました。4名は12月に山口県で行われる第15回中国高等学校将棋選手権に出場します。また、古志野君と村上さんは平成29年2月に東京都で行われる第25回全国高文連将棋新人大会への出場も決めました。本校の学生が島根県高等学校の将棋大会男子個人戦で優勝するのは初の快挙です。

●男子個人戦
優勝    古志野瑛元(電子制御工学科1年) 全国大会出場
4位    伊藤善久(電子制御工学科1年)
6位    大賀健伸(電気情報工学科1年)

●女子個人戦
2位    村上穂香(環境建設工学科1年) 全国大会出場

平成28年度 地域文化交流事業(留学生近距離旅行)の開催

本校では11月5日(土)に、平成28年度留学生地域文化交流事業を開催しました。 当日は、総勢22名の留学生・日本人チューター・研修生・教職員が参加し、雲南市・奥出雲町のたたら製鉄に関する施設である絲原記念館、鉄の歴史博物館、菅谷たたら山内を見学・散策しました。
これらの一部は、今年4月に文化庁の日本遺産の認定を受けた「出雲國たたら風土記~鉄づくり千年が生んだ物語~」の構成文化財でもあり、参加者にとって、日本文化に直接触れる良い機会となりました。

 

 

全日本製造業コマ大戦G2西日本ブロック予選

11月6日(日)に出雲ドームで行われた「全日本製造業コマ大戦G2西日本ブロック予選 出雲場所」に機械工学科3年生チーム【千葉豊玄君、松村優基君】と機械工学科2年生チーム【福間章友君】が参加しました。大会には民間企業からの参加者だけでなく、呉高専など学校関係からの参加もあり、全23チームの参加がありました。
競技は参加者が4つのグループに分かれて予選リーグを行い、予選リーグの上位2チームが決勝トーナメントに進出し、優勝を争うものでした。
本校から出場した2チームは残念ながら、両チームとも予選通過することができませんでしたが、コマの製作を通じて「ものづくり」の楽しさと難しさを体験する良い機会となりました。今後、大会に参加する機会があれば、今回の大会参加で得られた経験を活かして、頑張ります。

 

「学生ケータイあわ~ど2016」で優秀賞

携帯電話を使った自由なアイデアを募集するコンテスト『学生ケータイあわ~ど2016』(主催:電子情報通信学会中国支部学生会)のケータイアイデア部門において、奥田彩月さんの考案したアイデアが2位相当となる優秀賞を受賞しました。

11月5日(土)に広島市立大学で行われた最終審査では、応募総数104件(ケータイアイデア部門)の中から書類選考で選抜された7件が、ポスターセッション形式のプレゼンテーション審査に挑みました。審査の結果、本校の学生は以下の成績をおさめました。

●優秀賞(2位相当)
奥田彩月(情報工学科1年)「ITM by yourself」

●入選(3位相当)
鄭 晟徹(情報工学科1年)「Green Hero」
田邊 優(情報工学科1年)「どんな音でも自由自在」

学生ケータイあわ~ど2016 公式サイト