2021年7月のトピックス

本科1年1組の学生がSDGs環境講座を受講

 7月20日(火)に,本科1年1組の学生たちが,松江市環境保全部環境政策課が主催する「出張SDGs環境講座」を受講しました。島根大学大学院教育学研究科の松本一郎教授をお招きして,国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)についてわかりやすく教えていただきました。100分間の講座のうち,前半50分間で講義を受け,後半50分間でグループワークを体験しました。各自が最近の「自慢」と「不満」について意見を出し合い,面白いものをグループの代表意見として発表するという活動を通じて,意見集約の方法や持続可能な社会づくりに一人ひとりがどう関わっていけばよいのかを考えました。松本先生の上手な司会進行により,100分間という長丁場でも,学生たちは集中力を切らせることなく受講できていました。

 

松江TF 新技術創出セミナーなど開催

 7月15日(木)に松江テルサにおいて、松江テクノフォーラム主催事業として就職状況説明会、新技術創出セミナー、定時社員総会が行われました。新技術創出セミナーでは専攻科2年生の研究発表があり、参加者の投票によって以下の4名が優秀学生賞を受賞しました。学生の皆さんは、企業の方にわかりやすく説明する良い機会となったと思います。今後も引き続き研究に励み、更に良い成果が得られることを期待しています。

 
受賞者
1位 加納 達也 「CFRPの形状による放電誘導特性」
2位 勝田 歩人 「旋回性能を向上させた脊椎構造の柔軟全周囲クローラの開発」
3位 岡本 彩果 「十字路交差点における4方向接合円形マンホールのエネルギー損失の算定式」
3位 若木 亮佑 「惑星大気雲解像モデルに向けた不等間隔格子用計算モジュールの開発と金星大気への応用に関する研究」
 
 
 
 
 

同窓会と松江高専の歴史展示

 本校では,同窓生が集える場として昨年開館した学憩館に同窓会室を設置しています.過日,本校の歴史における同窓会から受けた支援や増改築の変遷が分かる航空写真,また節目の年々に学校や同窓会で作成した記念グッズなどを同窓会室横の壁面に展示いたしました.同窓生の皆様はじめ松江高専内外の皆様におかれましては,本校にお越しの際にお時間がありましたらぜひお立ち寄り下さい.

 
 
 
 

FM山陰「GO-!EVENING」収録

 FM山陰の「高田リオンのGO-!EVENING」で放送される松江高専のオープンキャンパスの紹介の収録が,松江高専の学憩館の同窓会室で行われました.エフエム山陰の大坂愛アナウンサーに来ていただき,環境・建設工学科の周藤先生,環境・建設工学科4年生の金崎真依さんと澤和 芽さんとともに,楽しく収録ができました.7月14日(水)17:20からの「GO-!EVENING」の中で放送される予定です.みなさん,ぜひお聞きください.

 
 

弓道部が全国高専大会の出場権を獲得

 2年ぶりの中四国予選はコロナ感染予防のため、各校で実施する通信大会方式として7月3日(土)に開催されました。本校弓道部は女子団体優勝、男子団体準優勝により男女揃って全国高専弓道大会の出場権を獲得しました。男子団体は第1回大会から7大会連続、女子は2大会ぶり4回目の出場となります。また、個人戦でも女子2名、男子1名が出場権を獲得しています。全国大会は久留米で開催される予定ですが、コロナの状況次第ではどのようになるか予断を許しません。ただ、男子は2大会ぶり3回目の優勝を、女子は初優勝を目指して稽古をしていきたいと思います。

第8回全国高等専門学校弓道大会中四国予選結果

 
弓道部のホームページ http://www2.matsue-ct.ac.jp/g-kai/kyudoubu/

外国人留学生との交流懇談会開催

 6月30日(水)、本校442講義室にて、令和3年度外国人留学生交流懇談会を実施 しました。はじめに、大津校長より開催のあいさつがあり、その後、留学生およびチュー ターがそれぞれ自己紹介をしました。次に、今年度入学した外国人留学生のリオさん(電子制御工学科3年:インドネ シア出身)、メーデーさん(情報工学科3年:モンゴル出身)、アシュラさん (環境・建設工学科3年:インド出身)の3名がそれぞれの出身国の言語や歴史、 食文化、観光地などについてプレゼンテーション形式で発表しました。続いて、外国人留学生のビトルさん(機械工学科5年:ブラジル出身)は昨年度 実施したスキー研修の思い出や今後の展望について抱負を述べました。チングー ンさん(情報工学科5年:モンゴル出身)はモンゴルを紹介するプロモーション ビデオを作成・編集し、モンゴルの雄大な自然や文化について発表しました。ム ンフビレグさん(機械工学科4年:モンゴル出身)は、モンゴルの祭典である ナーダムについて解説しました。参加者は発表した留学生に質問し、留学生はそれに答えるなどして、和やかな雰 囲気の中で親睦を深めることができました。 

 

環境・建設工学科2年山陰道の現場見学

 6月25日(金)に松江国道事務所、株式会社駒井ハルテックのご協力により、環境・建設工学科2年生が山陰道の建設現場を見学しました。VRによる工事の模擬体験、鋼材を接続するボルトの接続体験、高所作業車を用いた施工状況の見学を行いました。専門的なことを学び始めたばかりですが、授業で学んでいることが実際に使用されていることを肌で感じることができました。

 コロナ禍で対策をしながらの実施となりましたが、ご協力いただきまして誠にありがとうございます。

 

土木学会中国支部研究発表会にて「若手優秀発表者賞」を受賞

 2021年6月13日(日)に開催された第73回土木学会中国支部研究発表会において、本校の専攻科(生産・建設システム工学専攻)に所属する1年生の中祖惟月くんと2年生の岡本彩果さんが、若手優秀発表者賞を受賞しました。中祖くんの研究テーマは「竹炭を微生物反応槽に用いた回転円盤装置による消化性能評価」で、SDGsの観点から、エコな材料を活用した水処理装置の開発を進めています。岡本さんの研究テーマは「3本の流入間の流入量の違いを考慮したマンホールのエネルギー損失の評価式」で、この研究の成果を活用することで、集中豪雨時などに生じるマンホールからの内水氾濫のリスクを、より現実的に予測できるようになります。二人の今後のますますの活躍と研究の発展を期待しています。