「電気化学会第88回電気化学大会優秀学生講演賞」を受賞

 電気化学会第88回電気化学大会(2021年3月22日~24日、オンラインで実施)にて、電子情報システム工学専攻2年藤井勇生くん(電子制御工学科出身、鈴木純二研究室)が「優秀学生講演賞」を受賞しました。講演題目は「表⾯改質した低温焼成易黒鉛化炭素のNa吸蔵・放出特性-複合表面改質の焼成温度に関する系統的評価-」です。講演の内容は、リチウムイオン二次電池に代わる次世代二次電池として注目を集めているナトリウムイオン二次電池の負極材候補である低温焼成易黒鉛化炭素材に対して急速充放電が可能となる表面改質法の提案とその表面改質による効果の要因について調査した結果を系統的にまとめたものです。電池技術の分野(電池技術委員会推薦)では12名の学生が優秀学生講演賞を受賞しましたが、高専生・専攻科生の受賞は藤井くん1名でした。藤井くんは卒業後、東京理科大学大学院へ進学し、引き続きナトリウムイオン二次電池についての研究を継続する予定です。