令和2年度国立高等専門学校教員顕彰にて「理事長賞」を受賞

 令和2年度国立高等専門学校教員顕彰において、本校の教員2名が国立高等専門学校機構理事長賞を受賞し、令和3年4月28日(水)に本校において表彰状及び記念品の授与が行われました。電気情報工学科 箕田充志教授は、「高専及び地域における工学教育波及への貢献」の題目で、一般部門の理事長賞を受賞しました。環境・建設工学科 山口剛士准教授は、「SDGs 達成に向けた多角的な視野を持つ技術者の育成」の題目で、若手部門の理事長賞を受賞しました。(独)国立高等専門学校機構では、管理運営、地域社会への貢献を含め、学生教育を中心とする分野において顕著な功績を挙げている教員について、毎年顕彰を行っており、箕田教授及び山口准教授の取り組みは、これに相当するものと認められ顕彰されました。