2020年12月のトピックス

本科3年生(9名)がオゴノリ刈りを体験

 2020年12月11日(金)に、3年生向け選択科目「実践工学英語」の受講者9名が、「認定NPO法人 自然再生センター」が主催する「オゴノリ刈り」に参加しました。オゴノリとは海藻の一種で、中海のオゴノリを船上から採集し、それを大豆畑の肥料用に粉砕する作業を体験させていただきました。化学肥料の台頭により採集されなくなったオゴノリは海中で腐ってしまい、中海の水質悪化につながっています。このオゴノリを間引き、安全な肥料としてリサイクルすることは、まさにSDGs (Sustainable Development Goals) のゴール12, 14, 15 (下記URL参照) に貢献する活動であると言えます。参加した学生諸君には、将来、地球環境に配慮した設計・開発ができるエンジニアとしてグローバルに活躍して欲しいです。

〇国際連合広報センター HPはこちら

 

環境・建設工学科3年生が大田市の道路建設現場を見学

 2020年11月25日(水)に、環境・建設工学科3年生が大田市の道路建設現場(道路改良工事および鋼橋上部工事)に見学に行きました。見学前には、工事概要や工事内容の説明を受け、現場で使われているICT(情報通信技術)などについても学びました。そして、その後の現場見学では、施工途中の法面や鋼橋の上部に上るという貴重な経験をしました。また、見学中には、学生たちが積極的に現場の方に質問をしていました。今回の現場見学が刺激になり、これまで以上に勉学に励んでくれることを期待しています。 ご多忙の中、貴重な機会をご提供していただいた国土交通省 中国地方整備局 松江国道事務所、松江土建株式会社、株式会社駒井ハルテックの皆さま、大変ありがとうございました。

 

松江高専男女共同参画研修会を開催

 12月7日(月)及び8日(火)、松江高専男女共同参画研修会を開催しました。この研修会は、本校教職員の男女共同参画に関する理解を深めることを目的として毎年実施しています。今年度は株式会社リカレントの鈴木昭二氏を講師にお招きして「ダイバーシティ研修」を実施し、77名の参加がありました。ダイバーシティ(=多様な人材が集まっている状態)から一歩進んで、集まった一人ひとりの個性を活かそうという考え方が“インクルージョン”で、大切なことは“個人を尊重して考えること”ということを学びました。アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)をなくすことは難しいため誰にでもあるものと認識し、発言や行動に配慮することの大切さについて理解を深めました。誰もが働きやすい職場づくりのため、今回の研修の内容を今後に活かしていきます。

 

男子バレーボール部の壮行会を開催

 12月5日(土)、コロナ対策のため少人数ではありましたが、高専OBの方々に男子バレーボール部の壮行会を開催していただきました。男子バレーボール部は、令和3年1月5日から始まる全日本バレーボール高等学校選手権大会(通称:春高バレー)に出場します。

※ 春高バレー出場に向け皆様に寄付金の御協力をお願いしたいと考えています。寄付金に関しましては、ホームページの画面右からご確認お願い致します。

小学5,6年生を対象とした理科・工作教室を開催

 11月28日(土)松江高専、12月5日(土)いわみーる(浜田市)において、機械工学科による小学5・6年生を対象とした理科・工作教室を開催しました。この教室は、(独)日本学術振興会採択事業「ひらめき☆ときめきサイエンス」に機械工学科 高尾学教授が採択されたことに伴い、『波力発電のしくみを学ぼう!~波エネルギーで回転するタービンの工作と水そう実験~』というテーマで実施しました。当日は、エム・エムブリッジ(株)生産・技術部担当部長木原一禎様を外部講師に迎え(松江会場のみ)、高尾教員らが研究開発を進めている波力発電について、○×クイズやスライドを交えてわかりやすく説明した後、直径20mmの波力タービン模型を製作し、水そうで実験しました。参加した児童は保護者らとともに実験や工作を体験し、科学やモノづくりに親しんでいました。なお、当日実施したアンケート結果によると、90%以上の児童が、「おもしろかった」「わかりやすかった」「科学に興味がわいた」と回答しており、この結果からも参加者にとって貴重な体験だったようです。本校では、上記の他にも理科・工作教室を通して、小中学生にモノづくりの楽しさを伝える活動を行っています。興味のある方は、ぜひ本校ホームページをご覧ください。

 

日本テレビ系「高校生クイズ2020」全国大会に出場

 今年行われた「第40回全国高等学校クイズ選手権(高校生クイズ2020)」の全国大会に本校クイズ研究会から佐々木涼太郎くん、小松原慧くん、藤原一馬くんが出場しました。全国大会の様子は日本海テレビで放送されます。

〇放映情報
・日本テレビ系「第40回全国高等学校クイズ選手権(高校生クイズ2020)」
・12月11日(金) 夜9時〜
・総合司会 桝太一
・メインパーソナリティ 千鳥

松江高専クイズ研究会さん(@MCT_Quiz)/Twitter

本科2年生を対象に「SDGs講演会」を開催

 2020年12月8日(火)に、法政大学デザイン工学部建築学科 准教授の川久保 俊先生をお招きして、Microsoft Teamsによるオンライン形式で、「SDGs講演会」を2年生を対象に開きました。2015年に国連が定めた「持続可能な開発目標 SDGs」について、策定までの歴史的経緯や理念、そしてSDGsをどのようにして「自分事」とするか、などの貴重なお話を熱く語っていただきました。講演後の感想メモには、記入欄をぎっしり埋めている学生も散見され、彼らなりにSDGsの重要性を感じてくれたように思います。

  

日本技術史教育学会全国大会を本校主催でオンライン配信

 令和2年11月14日(土)、松江高専主催で日本技術史教育学会2020年度全国大会が開催(実行委員長 鳥谷智文教授、実行委員 久間英樹教授、本多将和技術専門職員、渡部紘一名誉教授)されました。本年度はコロナ禍のため、本学会初のオンラインでの開催となりました。当日は、リニューアルオープンした松江高専図書館を会場として全国の本学会関係者へ講演会の様子が配信されました。オンライン開催に際して、オンライン講演会用マニュアル作成および事前の通信テスト、機器および会場設営等、全て松江高専が独自に行いました。当日は通信機器等のトラブルもなく順調に進行されました。参加された方からは「他のオンライン学会よりも活発な意見交換が出来た」と感想を頂きました。