教職員を対象としたFD/SD研修会を開催

 12月18日(金)441講義室にて、全教職員を対象としたFD/SD研修会を開催しました。この研修会は、例年実施しているものであり、今回は中国四国工学協会高専教育部会(令和2年度部会長:大津宏康校長)の教員研究集会を兼ねて実施したものです。当日は、中国・四国地区の高専13校をオンラインでつなぎ、本校の教職員75名(一部は各研究室にてオンライン参加)を含め、約100名の参加がありました。研修会では、電源開発株式会社 取締役副社長 尾ノ井 芳樹様を外部講師として招き、『エネルギーと気候変動の課題、電力供給者のチャレンジ』と題した基調講演を行っていただきました。また、鈴木純二教授・学習支援WG主査による『「L/T演習」を軸にした多段階学生間相互支援システム』と題した事例紹介を行いました。基調講演、事例紹介後には、参加者から展望などについての質問もあり、有意義な研修会となりました。