令和2年度留学生研修旅行(しまね発見の旅)

 12月5日(土),翌6日(日),留学生およびチューターを対象とした研修旅行を実施しました。今回は留学生6名(モンゴル4名,ブラジル1名,ラオス1名),日本人チューター3名,引率教員1名の計10名で島根県西部を訪れ、日本の自然、歴史および文化について学ぶとともに、留学生、チューターおよび教員との交流を深めました。参加者からは、「和紙を作る体験がとても楽しかった、日本の文化に触れることができて、とても勉強になった」といった感想が聞かれました。