外国人留学生との交流懇談会開催

 12月9日(水)、本校442講義室にて、令和2年度外国人留学生交流懇談会を実施しました。まず初めに、大津校長より開催のあいさつがあり、その後留学生およびチューターがそれぞれ自己紹介をしました。次に、今年度入学した外国人留学生のムンフビレグさん(機械工学科3年)と、エッディさん(情報工学科3年)が出身国であるモンゴルについてプレゼンテーション形式で発表しました。モンゴルの地理的な説明に始まり、モンゴルの伝統的な住居や衣装などについて日本語で説明しました。最後に、外国人留学生のビトルさん(機械工学科4年)とチングーンさん(情報工学科4年)の2名が11月と12月に実施した研修旅行について報告しました。ビトルさんからは鳥取砂丘から望む日本海がとても美しく、出身国であるブラジルの海を思い出した、チングーンさんからは石見神楽や石見銀山の日本の伝統文化にふれることができたなどの感想を聞くことができました。このほか、参加者より留学生へ出身国のことや研修旅行での思い出などについて質問があり、留学生はそれに答えるなど,和やかな雰囲気で親睦を深めることができました。