夏季校外実習ガイダンスを実施

4月29日(水)、本校にて4年生約200名を対象に夏季実習説明会を開催しました。夏季実習は夏休み期間を利用して企業のインターンシップに参加した学生に単位認定するもので、学生にとっては職業観や社会的マナーを養うとともに、これまでの学びを実際の現場で実践するチャンスでもあります。この説明会で学生は、本校の宮下キャリア支援室長らから夏季実習の意義、手続き等について説明を受けた後、(一社)中国ニュービジネス協議会、(公財)ふるさと島根定住財団(ジョブカフェしまね)および(株)シーズ総合政策研究所からお招きした講師の皆様から、各団体が実施するインターンシップ関連業務の特徴についてお話を伺いました。この夏、多くの学生が積極的に校外へ飛び出し、幅広い学びを得てくれることを期待します。