2014年9月のトピックス

日本高専学会で表彰

平成26年8月30、31日に函館市国際水産・海洋研究センターにおいて行われた、第20回日本高専学会年会での研究発表ポスターセッションで、専攻科電子情報システム工学専攻1年の金長将成君の発表が優秀ポスター賞に選ばれました。

研究題目:塗布法で作製したBi2212相超電導厚膜の平滑性向上とピンニングセンタ導入による高Ic化

ロボカップ2014ブラジル遠征記を公開

7月21日から24日までブラジルのジョアンペサオで開かれたロボカップに、電気工学科別府研究室と情報工学科橋本研究室の連合チームMCTスサノオ・ロジックスが参加しました。結果はいかに?参戦記を公開しました。

ロボカップ2014inブラジルの遠征記はこちら

(トップページ右下のバナーからも入れます)

機械工学科1年生が三瓶山登山

9月5日(金)に機械工学科1年生が三瓶山登山を行いました。この登山は、4日(木)から「国立三瓶青少年交流の家」で実施した合宿研修(2泊3日)のプログラムとして行われ、参加した学生39名と同学科の教員3名は約2時間かけて男三瓶(標高1,126m)の頂上にたどり着きました。この研修では,登山の他に天体観測(雨天のためプラネタリウム)、野外炊飯によるバーベキュー、数学の勉強会などが行われました。今回の合宿を通して学生間の交流が深まり、とても有意義な研修となりました。

 

第20回スーパーコンピューティングコンテスト本選で健闘

東京工業大学において8月18日(月) 〜 8月22日(金)の5日間行われた、第20回スーパーコンピューティングコンテスト(スーパーコン)本選に、予選を突破した情報工学科3年生のチーム(川上直人、坂上 靖幸、岸 颯太)が参加しました。このコンテストは高校生を対象としたプログラミング課題への解法を競うもので、東京工業大学の超並列型スーパーコンピュータシステムTSUBAME2.5が使われました。本選参加21チーム中、本校学生のチームは6位の好成績を収めることが出来ました。