2014年5月のトピックス

機械工学科2年生が研修旅行

5月11日(日)に機械工学科2年生が研修旅行を実施しました。この旅行は、自然を愛する心を育むことや学生間の親睦を深めることを目的に企画したもので、部活動等の理由による欠席者を除く34名の学生と教員3名が参加しました。晴天の中、学生らは「とっとり花回廊」、「蒜山高原センター・ジョイフルパーク」、「お菓子の壽城」を訪れ、有意義な一日を過ごしました。

 

ロボカップジャパン2014

ロボカップジャパン2014は5月4日~6日に福岡県の九州工業大学にて開かれました。電気工学科別府研究室と情報工学科橋本研究室の連合チームである松江高専スサノオロジックスは、SSL(小型)リーグに出場しました。スサノオロジックスは予選Aリーグを1勝2敗で3位となり、Bリーグ2位との敗者復活戦に進みましたが、残念ながら決勝トーナメントに進むことはできませんでした。しかしスサノオロジックスは7月に開かれるロボカップ世界大会(RoboCup 2014)への出場権を得ています。世界大会での健闘が期待されます。

 

今年度も出張講座を始めました

4月29日と5月4日、雲南市吉田町の「鉄の未来科学館」に、本校教員がものづくりの講師としておじゃましました。今回は、4月19日~5月18日に同館で開催されている「ロボット展」の特別イベントである工作教室において、地元や大阪などの小学生に対して、振動で動くテントウムシの形をしたマシンの工作を指導しました。参加した児童は、本校教員の説明や保護者の手伝いを受けながらマシンを完成させ、教室の最後にみんなでレースを楽しみました。

島根県春季アーチェリー大会で優勝

島根県アーチェリー連盟主催の平成26年度島根県春季アーチェリー大会が出雲市の湖陵運動公園で開催され、30mWラウンド少年の部で足利凌君(電気工学科2年)が、30-50mラウンド成年の部で二岡和也(機械工学科4年)が見事優勝を果たしました。おめでとうございます。

高校将棋大会で個人戦準優勝

4月26日に出雲パルメイトで行われた第38回全国高等学校総合文化祭将棋部門将棋選手権大会島根県予選に囲碁将棋部員9名(男子8名女子1名)が参加し、個人戦で電子制御工学科3年古藤雅史君が準優勝しました。古藤君は7月27日28日に茨城で行われる全国大会に島根県代表として出場します。