2013年10月のトピックス

環境・建設工学科4年生 天神川水門工事見学

10月8日(火曜日)に環境・建設工学科4年生43名が大橋川改修事業の一つである天神川水門工事現場を見学しました.浸水被害の防止を目的として,宍道湖と天神川に水門を整備する工事が進んでいます.この水門は,宍道湖の景観を損ねることなく,非常時の無電源状態でも水門を閉じ,宍道湖からの水の流入を防ぐことができる最新設備です.中国地方でも2例目の水門です.また,水門工事を進めるため,様々な環境に配慮するだけでなく,住民の方が工事の様子をいつでも見る事ができるよう工夫されていました.学生は,最新の水門が稼動する様子をみて,驚いているようでした.今回の現場見学は短い時間でしたが,様々な企業が国と共同して,社会基盤整備を進めている状況をみて,将来の進路を考える良い機会となりました.

 

全国高校生英語プレゼンテーションコ ンテストで受賞

平成25年10月6日(日)に「獨協大学全国高校生英語プレゼンテーションコンテスト」が開催されました。
全国220人の応募者の中から10人が難関予選を通過し本選に出場しました。本校からはESS部のJ2廣戸勇樹君とC3池田百合奈さんが参加し、 廣戸君が第3位、池田さんが入賞という素晴らしい成績をおさめました。

 

本校教員が国立高専教員顕彰を受賞

平成24年度国立高等専門学校教員顕彰において,高尾学准教授(機械工学科)が若手部門・分野別優秀賞(教育・研究を通じた社会への貢献分野)を受賞し,先日本校において表彰式が行われました。この教員顕彰は,専門分野の研究業績だけでなく,学校運営,地域社会への貢献も含め,その業績を総合的に評価し,学生教育を中心とする分野において顕著な功績を挙げている教員を顕彰するもので,高尾准教授は顕彰題目「再生可能エネルギー利用技術を活用した教育・研究活動」により受賞しました。

本校学生がコマ大戦に出場

9月21日に「テクノアークしまね」(松江市)で開催された「全日本製造業コマ大戦2013中国場所島根県予選」に本校学生チーム(専攻科2年野坂太平,機械工学科5年岩田健太郎,写真左2名)が出場しました。2人は本校実践教育支援センターの指導を受けて製作した直径約20mmの「けんか型コマ」で試合にのぞみました。その結果,メーカーのチームを破るなど3位に入賞し,10月26日に山口県周南市で開催される同大会中国場所への出場権を獲得しました。

 

2013年度日本人工臓器学会論文賞を受賞

電子制御工学科の青代敏行講師が、学会誌「Journal of Artificial Organs」 Vol.15に掲載された論文「Effect of metal surface characteristics on the adhesion performance of the integrated low-level energies method of adhesion」(筆頭著者:青代敏行、共著者:増澤徹、尾関和秀、岸田晶夫、樋上哲哉)で2013年度日本人工臓器学会論文賞を受賞しました。9月27日から9月30日までパシフィコ横浜で開催されたJapanese Society for Artificial Organs andInternational Federation for Artificial Organs Joint International Congress 2013 inYOKOHAMA内の日本人工臓器学会総会において表彰されました。また他の論文賞を受賞された方々と一緒に受賞講演を行いました。