2013年5月のトピックス

機械工学科3年生がたたら製鉄を体験

5月11日(土)、12日(日)、機械工学科3年生が雲南市吉田町の(公財)鉄の歴史村地域振興事業団和鋼生産研究開発施設にて、たたら製鉄の校外実習を実施しました。初日は真砂土と耐火煉瓦を使用してたたら炉を作り、2日目は砂鉄と木炭を燃え上がる火の中に装荷して、たたら操業を体験しました。炉から取り出された鉄塊(ケラといいます)は重量4kgで、ただちに機械によって鍛造され、鉄塊は鉄板の製品へ形を変えることを学びました。実際にたたら製鉄が行われていた菅谷たたらの高殿や吉田町の山内を見学することで、地域の歴史と伝統技術にふれることができました。

 

プログラミングコンテスト校内審査を開催

5月14日(火)、本校において『全国高等専門学校プログラミングコンテスト』の校内審査が行われました。校内審査では、学生から提案された課題部門・自由部門のアイデアが発表され、審査員・教員・学生による質疑応答が行われました。この審査で選ばれた4テーマ(課題部門2テーマ・自由部門2テーマ)を、6月29日(土)に実施される全国大会予選にエントリーすることになります。

【プロコン公式サイト】http://www.procon.gr.jp/

 

ロボカップに出場

5月4~6日に玉川大学(東京)で開催された『RoboCup Japan 2013大会』のサッカー小型リーグ(SSL)に、電気工学科別府研究室と情報工学科橋本研究室の連合チーム「MCT Susanoo Logic」が参加しました。チーム結成から3年目の今年は、予選Aリーグ5チーム中3位となり、Bリーグ2位チームと決勝トーナメント出場をかけた敗者復活戦へと進みました。残念ながら敗者復活戦で敗れましたが、6月にオランダで開かれる世界大会へと向けて、たしかな手応えを感じさせる試合内容でした。

ロボカップジャパンオープン2013東京
http://www.tamagawa.ac.jp/robocup2013/