土木学会中国支部 若手優秀発表賞を受賞

5月25日(土)、鳥取大学において「第65回土木学会中国支部研究発表会」が開催されました。この研究発表会は、中国地方の大学・高専や官民の土木技術者が発表を通じて情報交換を行うもので、本校専攻科2年生の後藤和也君が「若手優秀発表賞」を受賞しました。後藤君の発表テーマは「日射による鋼板面温度の変化と飛来塩分量が橋梁桁内の濡れに与える影響」で、今後の研究の発展が期待されます。