2010年5月のトピックス

L/T演習(社会クラス)

5月14日(金)、本校において「L/T社会クラス(小中学生)における講座の実践法」と題した講義が開催されました。講師に、学習院女子大学教授の品川昭氏(国際文化交流学部日本文化学・環境教育センター)、同じく学習院女子大学の三品節氏(環境教育センター スタッフ)を招き、ペーパータオルを用いた探求の手法、対流・塩水と淡水を用いた教育手法について、学生が教わる側に回り、受講者の柔軟な発想を妨げない指導方法の効果を学びました。当日の様子は5/28(金)の山陰中央新報にも掲載されました。

小川陽子助教が紫式部学術賞

人文科学科の小川陽子助教が紫式部顕彰会から「第11回紫式部学術賞」を受賞し、5月12日(水)に京都商工会議所において授賞式および記念講演が行われました。記念講演は「中世人の夢見た〈続き〉の物語」と題するもので、『源氏物語』と『山路の露』ならびに『雲隠六帖』についての解説がなされました。

加藤健一助教が論文賞

電子制御工学科の加藤健一助教がシステム制御情報学会から「2010年度学会賞 論文賞」を受賞しました。受賞論文名は「状態依存むだ時間系の非線形モデル表現とSOS解析」(2008年4月)で、5月20日に京都市内にて表彰式が行われます。

岡本信之名誉教授退職記念試合を開催

5月1日(土)に本校野球場において、今春退職された岡本信之名誉教授(左写真の打者)の退職記念試合を開催しました。本校5期生から今春卒業した42期生までの野球部OB約30名が思い出のグランドに集まり、高専野球部チームと対戦しました。試合後には市内ホテルで、野球部OB主催による同名誉教授の退職記念祝賀会が開催されました。(高専野球部・高野連野球部)