^Back To Top

どの学科を選ぼうか

これから,5G(第5世代移動通信システム)を活用した時代となります。

多くの「電気」製品は進化しスマートフォンに代表される「情報」機器と繋がります。

「電気エネルギー」も再生可能エネルギーに代表されるように新たなステージに入りました。

電気情報工学科では,電化社会を支えるエネルギー技術,新たな電気製品を創造するエレクトロニクス技術,コンピュータ技術を授業と豊富な実験・実習を通じて学びます。

このことから,卒業生は電気,機械,IT,エネルギー,インフラなど,多種多様な産業分野で活躍しています。

なお,電気情報に関するエンジニアの要求は高く,電気情報工学科は,常に最も多い求人数

を誇ります。(*求人数学内1位:直近5年間を含め常に高い求人数です)

 

一方,高専を希望する際,わかりにくいのが学科の違いです。

簡単に違いを説明しましょう(詳しくは、それぞれの学科のホームページを見てください)。

 

denkiss電気情報工学科

〇燃料や自然エネルギーから電気エネルギーを作り、電気エネルギーを用いてメカを動かすこと

〇コンピュータや電子機器を動かす電子回路(エレクトロニクス)を作ること

〇コンピュータを組み込む技術、コンピュータのプログラム

などを学びます。モータや電子回路の実験や、プログラムの実習があります。

専攻科への入学生がもっとも多い = もっとも研究がおもしろいと卒業生から支持されている学科です。

jyouhou-s

 

情報工学科

コンピュータ、スマートホンなどのアプリケーションプログラムや、インターネットにつながるネットワークプログラム、銀行やオンラインシステムを動かすためのシステムプログラム技術を学びます

kikai-s機械工学科

メカのしくみや構造や材料、動かし方やパワーの伝え方について学びます。構造を学び、メカの作り方を学ぶための工場実習があります。

 

denshiseigyo-1

電子制御工学科

メカをどのように動かす(制御する)かを学びます。メカはコンピュータを使って動かします。そのために必用な電気系の実験や工場実習もあります。

 

 

 

 

kankyo-kensetu-s環境・建設工学科

ダムや橋、道路などの構造物や、住宅などの建築物の作り方について学びます。建設系の実験・実習があります。

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2013. Electrical Engineering and Computer Science, NIT, Matsue College  Rights Reserved.