^Back To Top

電気情報工学って?

現代社会のシステムはすべて電気を使って情報で動いています
solar-plant

テレビや携帯電話、光通信などのネットワークはもちろん、

ネットワークを支えるコンピュータやセキュリティシステム、

 

 

 

escalaterエスカレータやエアコンなどの身近なシステムもすべて電気で動いています。

そして装置の内部では、マイコンがコントロールしています。

 

 

 

 

electric-bike電気自動車は言うまでもなく、ガソリン自動車の中でも、エンジンやブレーキをコントロールしているのは電気システムです。

 

 

 

 

 

electric-car2また、風力や太陽光など、再生可能エネルギーは電気エネルギーとして生み出されます。

 

 

 


 

tower

電気情報工学科では,電力を作り、省エネを実現するエネルギー技術、システムを働かせるエレクトロニクス技術

 

 

 

 

wind-power1ネットワークシステムとして働くコンピュータ技術を、授業と実験・実習を通じて学びます。

 

 

 

 

 

 

電気情報工学科の目標

電気情報工学では、エネルギー技術エレクトロニクス技術コンピュータ技術を勉強します。

これらの技術の基礎は、電気の流れる路(電子回路)と回路を動かすプログラムです。

denki11

すべての装置や製品やシステムには電子回路プログラム組み込まれています。 

denki3

つまり、現代社会は、大きく複雑な電子回路プログラム支えています。

denki12

たとえば、家庭の電気コンセントは、発電所から家庭までつながる巨大な電気回路(ここだけは電気回路と呼びます)の一部です。日本中の発電所から、家庭や事業所や工場に安定して電気を送るシステムは、プログラムが監視しています。

 

家庭の中にある製品、たとえば電気ポットには、お湯の温度を一定に保つ電子回路が組み込まれています。使われないときには省電力モードにしたりするプログラムが働いています。

denki5

携帯電話やコンピュータには、通信ネットワークとつながるための電子回路が組み込まれています。音声や画像や文字を送る手順は、プログラムコントロールしています。

denki8

このように、電子回路プログラムがあるから、私たちの生活が成り立っているのです。

電気情報工学科では、電子回路プログラムをつくれる エンジニアをめざします

denkiss

 

電気情報工学科での勉強

中学校(それから普通高校とも)違って高専では、授業の他に実験・実習があります。 

denki7 

 

工学(エンジニアリング)を勉強して技術者(エンジニア)になるためには、数学や理科(工学)の知識が必用ですが、単に知っているだけではダメです。実際の装置や設備などに使える知識としなければなりません。 

oosouji soujiki 

たとえば掃除機のコードは、ゲーム機の充電器のコードよりも太くなっています。掃除機はゲーム機よりも多くの電流を消費するから、それだけ太い線を使わなければ性能を発揮できなくなってしまいます。

また、掃除機のコードは丸くなっています。動かしながら使うのですから、切れたりねじれたりしたら困ります。そのためにはどんな形や材料が良いのかを考えなければなりません。

 

その時に必要となるのは数学や工学の知識です。しかし、知識があっても実際のモノの設計に使えなければ宝の持ち腐れです。

知識を使えるようにするために実験や実習が必要になるのです

denki13

高専では、授業で学んだ知識(理論)を確かめるために実験があり、学んだ技術を活用できるようにするための実習があります。

さらに高専にはいろいろなコンテストがあります。他の高専や大学とアイディアを競い、ロボットの技術を競います。ロボコンやロボカップは、高専でなければ体験できません。

141002 210612 

5年生になると学んだ理論や技術を活用する卒業研究があります。卒業研究では、ひとりひとりがテーマを見つけて、知識と技術を活用して課題に取り組みます。卒業研究で、自分で作ることによって本当の力となります。卒業研究を体験できることが高専のいちばんおもしろいところです。

sotsuken3s

電気情報工学科では何を勉強するか?

電気工情報学科では、

wind-turbine

  

エネルギー技術

再生可能エネルギーを利用し、

省エネルギーを実現し、地球環境を守る

  

mobile phone

 

エレクトロニクス技術

暮らしを安全に、豊かにする

 

  

laptop

 

コンピュータ技術

パソコンだけでなく、

自動車や、暮らしや、産業のあらゆる場所に使われている

  

electric-bulb

 

電気情報工学基礎 

技術を理解するための基礎的な理論 

 

勉強します 

電気情報工学科の科目を紹介します。 

エネルギー技術

電気は,わずか3本の電線(電柱を見上げてください!)を使って数百キロメートルの遠方まで瞬時に届けられます(島根原子力発電所が止まっていますから、三隅の火力発電所、三刀屋の水力発電所と、出雲や安来などの風力発電所と、お家の上の太陽電池以外の電気は、県外からやってきます)。

モータは電気エネルギーを動力に変換します。電灯は光に変換します。電子レンジは熱に変換します。ネットワークは電気信号を伝えます。電気エネルギーは運動や光や熱へ変換しても,有害物質は出しません。騒音もありません。これらのすべてがエネルギー技術です。

 

電気機器(4年生)電力変換工学(5年生)enehen

難しそうな授業の名前ですね。ミニ四駆やプラモデルの中のモータや、洗濯機や掃除機の中のモータや、電気自動車のモータは、電気を動力に変えています。この授業では、モーターと発電機の仕組み、パワーエレクトロニクスと呼ばれるモータを回すための技術(電力変換回路と呼びます)を勉強します。

 

 

 

 

 

 

 

denryoku2送配電工学(4年生)

電気をつくる発電方法、電気を発電所から人々へ送る送電技術についてを勉強します。

電力を送電する技術は,日本が世界でもっとも進んでいます。電気を様々な場所に送る技術は,電気エネルギーを利用するため重要です。

 

 

 

 

 

 高電圧工学(5年生)koudenatsu

電圧が高くなると雷などの放電現象が発生します。これらの高電圧現象や,それらに関連した技術を勉強します。高電圧はいろいろなところで応用されています。たとえば空気清浄機にも高電圧は使われています。

 

 

エレクトロニクス技術

信号やデータを伝えたり利用したりする技術がエレクトロニクスです。半導体(トランジスタやIC)を使ってテレビや電話などの情報通信やコンピュータやネットワークなどのITを支える技術がエレクトロニクスです。エレクトロニクスとは電子(エレクトロン)からできた言葉です。

imagesCAS0Q4I9

電子工学(3年生)

エレクトロニクスを支える半導体を勉強します。原子の中の電子の振る舞いが半導体の動きを決めます!

LEDが光るのも、半導体の中を電子が動くからです!

 

 

 

 

 

densikairo

電子回路(4年生)

小さな電気信号を大きくする(増幅すると言います)方法を学びます。 オペアンプICやトランジスタなどの半導体素子の使い方、いろいろな回路方式を勉強して、どうやって回路を設計するかをトレーニングします。

 

 

計測工学(5年生)

いろいろなモノの長さや重さを計る計測技術は,エレクトロニクス技術と共に高度化・高精度化してきました。エレクトロニクスに関する計測の基礎を勉強します。

 

半導体工学(5年生)handotai

コンピュータやスマホの基板に使われている半導体の作り方や使い方を学びます。半導体は,どうやって電気を流したり止めたりするのか、電気を使ってなぜ計算できるのかを勉強します。

 

エレクトリックマテリアル(5年生)

プリント基板の上には,半導体以外にもいろいろな部品が使われています。これらの部品の特長や欠点といった特性を勉強します。たとえばコイルには磁石が使われています。釘は磁石にくっつきますが,十円玉は磁石につきません。どちらも電気は流れるのになぜでしょう?

 

コンピュータ技術

現代のエレクトロニクス装置や製品には小さなコンピュータが組み込まれています(組み込み技術と呼ばれます)。そして小さなコンピュータは大きなネットワークとつながって働いています。エレクトロニクス装置を動かすコンピュータ技術とコンピュータを動かすプログラムやネットワークを勉強します。 

基礎ディジタル回路(3年生)

ディジタル回路は,コンピュ-タを構成する基本的な回路です。授業では,基本となるゲ-ト回路の動きを学び、メモリやCPU(コンピュータの頭脳)の基本となる回路を勉強します。

 

 基礎コンピュータ工学(3年生)

コンピュータは,CPUやメモリーなどから構成されています。コンピュータのハードウエアを勉強します。

 

基礎プログラミング・プログラミング(1・3~5年生)

 電気情報工学に限らず、コンピュータ・プログラミングはエンジニアに必須のスキルです。プログラミングではC言語などを学び、マイコンデバイスのいろいろな装置への組み込み方を勉強します。

 

seigyokogaku制御工学(5年生)

機械や装置は制御(コントロール)しなければ性能を発揮できません。洗濯機も水を入れてかき回して脱水する順番(シーケンスと呼びます)に制御されています。制御工学概論では、うまくコントロールするにはどうすれば良いかを勉強します。

 

情報通信工学(5年生)johotsusin

情報を伝えるには電気信号を電波や光に載せて遠くに送ります。このとき,たくさんの人が同時に情報を伝え,さらに遠くまで伝えようとする場合はいろいろな工夫が必要です。

どうやって送ってると思いますか?

 

 

 

電気情報工学基礎

電気現象の基礎となる電気磁気学と電気回路を基礎から勉強します。学年が上がるにつれて電子回路や電力工学、エネルギー変換工学など、いろいろな科目の基礎となります。

denji基礎電気磁気学(2年生・3年生) 

磁石と磁石の間に働く力,電流による磁力,磁石の間に流れる電流に働く力,磁石間を電線が動くと電圧が発生する現象などの基礎を学びます。

 

電気磁気学(2年生・3年生)

電気の現象を数学を用いて理解します。電気の現象は,電流が流れると磁界ができたり,磁界が時間的に変化すると電界ができたりします。こうした電気の現象を,目に見えない線(電気力線,磁力線)として考え、計算します。

 

denkikairo

基礎電気回路(2年生・3年生)

「電気」が,電気の通り道である「電気回路」の中でどのように動いているのかを勉強します。電気工学の基本となる科目です。

 

電気回路(4年生)

基礎電気回路で勉強した知識をもとに,電気信号が時間的にどのように変化するか(過渡(かと)現象と呼びます)を勉強します。電気回路は、電力工学や情報通信工学などの専門科目を理解するための基本となります。

 

どの学科を選ぼうか

これから,5G(第5世代移動通信システム)を活用した時代となります。

多くの「電気」製品は進化しスマートフォンに代表される「情報」機器と繋がります。

「電気エネルギー」も再生可能エネルギーに代表されるように新たなステージに入りました。

電気情報工学科では,電化社会を支えるエネルギー技術,新たな電気製品を創造するエレクトロニクス技術,コンピュータ技術を授業と豊富な実験・実習を通じて学びます。

このことから,卒業生は電気,機械,IT,エネルギー,インフラなど,多種多様な産業分野で活躍しています。

なお,電気情報に関するエンジニアの要求は高く,電気情報工学科は,常に最も多い求人数

を誇ります。(*求人数学内1位:直近5年間を含め常に高い求人数です)

 

一方,高専を希望する際,わかりにくいのが学科の違いです。

簡単に違いを説明しましょう(詳しくは、それぞれの学科のホームページを見てください)。

 

denkiss電気情報工学科

〇燃料や自然エネルギーから電気エネルギーを作り、電気エネルギーを用いてメカを動かすこと

〇コンピュータや電子機器を動かす電子回路(エレクトロニクス)を作ること

〇コンピュータを組み込む技術、コンピュータのプログラム

などを学びます。モータや電子回路の実験や、プログラムの実習があります。

専攻科への入学生がもっとも多い = もっとも研究がおもしろいと卒業生から支持されている学科です。

jyouhou-s

 

情報工学科

コンピュータ、スマートホンなどのアプリケーションプログラムや、インターネットにつながるネットワークプログラム、銀行やオンラインシステムを動かすためのシステムプログラム技術を学びます

kikai-s機械工学科

メカのしくみや構造や材料、動かし方やパワーの伝え方について学びます。構造を学び、メカの作り方を学ぶための工場実習があります。

 

denshiseigyo-1

電子制御工学科

メカをどのように動かす(制御する)かを学びます。メカはコンピュータを使って動かします。そのために必用な電気系の実験や工場実習もあります。

 

 

 

 

kankyo-kensetu-s環境・建設工学科

ダムや橋、道路などの構造物や、住宅などの建築物の作り方について学びます。建設系の実験・実習があります。

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2013. Electrical Engineering and Computer Science, NIT, Matsue College  Rights Reserved.