^Back To Top

2015年4月、電気情報工学科がスタートしました

状態予測型制御系の研究

状態予測型制御系の研究

片山研究室 吉永 純平

制御とは、機械など(制御対象)の物理量を検出して、目標値に保つ方法です。たとえば電気コタツでは、中の温度を検出して目標値に保ちます(図1)。しかし、入力(操作量)を変更してから遅れて制御対象が変わる(むだ時間を含む)場合の制御は簡単ではありません。そのため、むだ時間後の状態を予測して、安定に制御できる制御法を研究しています。

yoshinaga

図1 制御系

 

Copyright © 2013. Electrical Engineering, MCT  Rights Reserved.