^Back To Top

2015年4月、電気情報工学科がスタートしました

先輩からのメッセージ(加藤さん)

 

加藤 龍也 さんkato

(2005年3月電気工学科卒業、2007年3月専攻科電子情報システム工学専攻修了)

㈱NTTファシリティーズ勤務

松江高専在学中は諸先生方を始め、多くの方々に大変お世話になりました。私の高専在学中および、社会人の経験を拙い文章ではありますが紹介させていただきます。
・在学中の勉強について

→高専へ入学をしたならば、まず目指すのは卒業です。卒業をするためには単位を取得する必要がありますが、単位の取り方/勉強の方法についても一度じっくりと考えてみる機会を作った方が良いと思います。例えば中間/期末テスト前の勉強の場合、60点が基準になるかと思われますが現在の理解度により単位取得のために「どの程度勉強を行うのか」「どのような計画で勉強を行うか」といった計画立案および進行具合をタスク管理など、自己管理が重要となってきます。場当たり的な対応を行っていてはいけません。

・部活動について

→高専時代は勉強もさることながら部活(ソフトテニス)を頑張り、キャプテンを2度(高体連・全体)させていただきました。ここで得た経験は社会で非常に役立っており、もしかしたら学業よりも役立っているかもしれません。

同じことを継続して行うこと、キャプテンとしての統率と責任、練習メニューを考えること、体力が向上したこと、人前に出てプレッシャーに晒されながら試合を行うことなど思い出が数多くありますが、今となれば歓喜と挫折を数多く経験したことが重要だったのかなと思っています。今でも高専大会の最後の試合で、私のミスで負けた試合を覚えているのですが、今では良い思い出となっております。
・就職活動について

→私は本科5年間/専攻科2年間在籍しておりましたが、就職活動時点では今まで学んできた事に拘らず様々な会社の研究・説明会に参加しました。もちろん電気の知識を学んできたというベースはありますが、高専に届く会社の募集要項以外で世間一般はどのような企業があり、企業もどのような人材募集をしているのだろうかを知りたくなり多数の見学会で企業の方と会話した記憶があります。当時苦労しながら自身の強みと方向性を考え就職活動を行い、現在勤務している会社に就職致しました。
・自分の強みと方向性について

高専生活は授業、部活、テスト等イベントが盛りだくさんですが、自分自身を考える機会はあまり少ないと思います。是非、自分の強みとこれからの方向性を考える機会を作ってください。自分の強みを考える作業はとてもパワーがかかり、強み・方向性を考えだしても「考えたことが自分の強みなのか?」「方向性は合っているのか?」と悩むことは多々あります。ただ、自分自身を考えられるのは自分自身しかありませんので、悩みながらも現時点の自分を考えていただきたいです。

幸いにも高専には多数の学生を見てこられ、人生経験豊富な先生方がおられますので、自分なりに考えだした結論を相談してみてはどうでしょうか。こちらはなるべく早めが良いと考えます。
・社会人について

現在の会社へ入社してからは現場保守~設計~企画~営業(電力・建築)~SE(プロジェクトチーム)と入社してから様々なポジションを経験しております。仕事の中では高専で学んだことはもちろん、部活で学んだ対話力/コミュニケーション力/統率力/企画力/体力など、学業以外の部分も非常に役に立っております。ですので、学業と並立して是非部活動を行っていただきたいと願っております。

最後となりましたが、皆さんはご家族/高専に関係するみなさん/地域の方々に支えられ学生生活を送ることができています。社会に出ても周りの人の助けが無ければ成り立たないのは変わりありません。

常に感謝の気持ちを忘れず、未来に向かい歩んで頂ければと思います。

Copyright © 2013. Electrical Engineering, MCT  Rights Reserved.