^Back To Top

電気情報工学科

黒電話テレビ、冷蔵庫、電話など、かつて私たちの暮らしを支えてくれたのは「電気」製品でした。

プッシュホンエンジニアの努力によって技術は革新され、電気製品は、少しずつ使いやすくなっていきました。

ケータイやがて製品は進化し、コンピュータ、スマートホン、デジタル家電など、「電気」で動く製品はモバイルとなり、

パッドマイコンを組み込み「情報」機器と呼ばれるようになりました。

また一方、

石油タンク現在の私たちのエネルギーは、化石燃料に頼っています。太古の昔、地上にあった植物を私たちはエネルギーとして燃やしています。

風力発電しかし、これからは風力や太陽光など、電気として作られる再生可能エネルギーに転換しなければなりません。 このように現代社会は、電気エネルギーによって支えられ、情報機器によって動かされています。

電気情報工学科では、電気を作り、省エネを実現するエネルギー技術、製品を作るエレクトロニクス技術、マイコンを動かすコンピュータ技術を、授業と実験・実習を通じて学びます。

 

【電気情報工学科の教育目的】

電気情報工学分野の理論、知識および技術を身につけ、エネルギー・エレクトロニクス・コンピュータ分野に貢献できる実践的な技術者の育成を目的とする。

 

【ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針) 電気情報工学科特有のもの】

1:電気・電子、情報工学に関する基礎知識がある。

2:電気・電子、情報工学に関する機器を取扱い、データを収集・解析・考察するための基礎能力がある。

3:電気情報システムをデザインするための基礎能力がある。

 

 

Copyright © 2013. Electrical Engineering and Computer Science, NIT, Matsue College  Rights Reserved.