^Back To Top

ロボカップ世界大会2015(その1)

第19回ロボカップ世界大会は、2015年7月19日から23日に中国安徽省合肥で開かれました。スサノオ・ロジックスにとっては3回目の世界大会です。

松江を出発して、学校のバスに揺られて5時間。関西空港に到着すると、台風11号が迫ってきています。上海からの便は飛んできません。

R0013400

飛行機は2時間遅れです。 

R0013399

上空は揺れましたが、無事、上海に着きました。上海空港には、どこかで見たような看板が・・・、

R0013402

上海で乗り換えて、合肥到着は夜の23時。

R0013410

松江出発から15時間。ちょっと疲れたスサノオ・ロジックスのメンバーです。

R0013412

ホテルは会場のすぐ近くでした。写真の真ん中に見える平べったい建物です。

R0013414

看板の前で記念撮影。緑のシャツを着ているのはボランティアのたえちゃん。日本語を勉強している大学生さんです。日本のアニメで日本語を覚えたそうです。

R0013416

世界40カ国以上から2000人のロボカッパーたちが集まります。

R0013419

会場に入るとすぐにメカ班とエレキ班はロボットの準備を始めます。

R0013420

ソフト班はAIの準備です。

R0013421

ところが困ったことが起きてしまいました。中国のカーペットはふかふかで、タイヤがめり込んでロボットが走れません・・・。

どうしよう。このまま帰ろうか・・・orz.

その2につづく)

 

ロボカップ世界大会2015(その2)

その1よりつづく)

考えた挙げ句、8台で32個の車輪を削って調整することに。メカ班はエレキ班の手も借りて、ヤスリは豊田高専KIKSさんからもお借りして、2日がかりで車輪を削りました。 豊田高専さん、ありがとうございました。 

R0013429

疲れました・・・。

R0013430

ソフトウエア班も、必死でパラメータを調整して動くようにしています。

R0013465 

会場は、巨大な展示会場です。おそらく、高専のグランドより広い建物です。これで約1/4です!

R0013444

小型組(スモール・サイズ・リーグ)には4つのリーグに4つのフィールドです。

R0013443

天井からは巨大な旗が・・・。見事な中国語訳です。

R0013440

車輪を削り、ソフトウエアで調整して、悪いながらも何とか動くようになったロボットで練習します。

R0013457 

夕食は、みんなで鍋を囲みます。あとは運を祈るのみです。

R0013424

その3につづく)

ロボカップ世界大会2015(その4)

その3よりつづく)

大会2日目は昨年のベスト4,そして優勝チームとの試合です。

マシンの調整も頑張ります。

R0013487

ソフトウエアの改良も続けます。最後まで諦めないことが大切です。試合前に組み込んだ作戦が勝利を呼んだこともあります。

R0013488

3戦目は、タイガー・マンハイム。ドイツの大学チームです。昨年のベスト8。さすがに動きが速く、シュートも正確です。

R0013493

なすすべなく0-8で負けました。

R0013494 

4戦目は、昨年、一昨年の世界覇者、中国のジュンディクトです。さすがに強い。残念ながらスサノオ・ロジックスはまったく追いつけません。

R0013498

それでも何とかコールド負けは喫しない(タイガー・マンハイムはコールド負けしています!)で、0-7で最後まで持ちこたえました。

R0013502

予選Aリーグ2勝2敗で3位予選リーグ通過です。敗者復活戦へ進出です。

R0013503

その5につづく)

ロボカップ世界大会2015(その3)

その2よりつづく) 

大会の日がやってきました。開会式には、お偉いさんがずらりと。なんとなく、中国感ありありです。

R0013456

スサノオ・ロジックス勢揃いです。2日前には動かなくてどうしようかと青くなってましたが・・・。

R0013461

会場には、山のようにお客さんがやってきます。

R0013476

初戦の相手はアメリカのRFCケンブリッジです。アメリカの大学生チームです。ところが、相手のマシントラブルで不戦勝(10-0)。まあ、幸先よしとしましょう。試合予定だった時間にもマシンの調整を続けます。

R0013479

試合の合間に、審判も。初の世界大会主審を務めるタイヘイ君です。世界デビュー!審判も、各チームが交代で務めます。

R0013466

2戦目は、UBCサンダーボッツ。カナダの大学チームです。

R0013480 

前半戦は0-0で折り返し、後半開始早々、スサノオ・ロジックスのキックオフがそのままゴールに入り1点。後半9分にもゴールキックからのこぼれ球を押し込んで1点。2-0で勝利です。試合後の記念撮影。和気藹々とした試合でした。

R0013482

1日目が終わって夕食です。歩道(と言っても、高専の前の道路より広い)上で串焼きです。

R0013483

その横のラウンドテーブル、と言っても、店の中から大きな丸い板を出してきて、台の上に置いたのですが、で食べます。7月後半ですが、夜は暑くありません。

R0013484

その4に続く)

ロボカップ世界大会2015(その5)

その4よりつづく)

スサノオ・ロジックスにとって、初の予選リーグ突破です。ベスト8に向けて調整を続けます。

R0013513

大会3日目は、Dリーグ2位、コロンビアのストークスと、ベスト8を賭けての敗者復活戦です。

R0013514

昨年ブラジルで同じ予選リーグで戦って負けた相手ですが、今年はかなりスピードアップしていました。

R0013516 

後半PKのチャンスもありましたが、シュートが入らず、0-3で負けました。

R0013519

会場で、地元テレビのインタビューに中国語で答える橋本先生。すごいですね!

R0013563

試合がなくなったので、午後から市内観光に出かけました。

合肥は、人口440万人の大きな町です。会場は市の中心部から20kmほど南にあり、周囲は高層アパートの建設ラッシュでした。しかし、PM2.5のため、一面に靄がかかったようになり、ちょっと遠くのビルは霞んでしまいます。空は一面の灰色。それも雲のような模様もなく、ただの灰色です。星や月はおろか、太陽も見えません。この国の環境が心配です。

R0013525

また、合肥は三国志の時代に魏と呉が戦った古戦場です。魏の将軍張遼の像です。

R0013529

市内にバラバラに繰り出したスサノオ・ロジックスのメンバーでしたが、繁華街のゲームセンターの中で驚きの出会いをしました。さすが次期リーダーの求心力のすごさです!

R0013557

4日目の決勝を見て、上海経由で日本に戻ります。

R0013572

来年は、4日目(ベスト4)まで残るぞ!

 

スサノオ・ロジックスRoboCup2015遠征には、

  松江高専後援会

  松江高専同窓会

  (一社)松江テクノフォーラム

  (株)アールティ

様よりご支援を戴きました。ここに謹んで御礼申し上げます。

Copyright © 2013. Electrical Engineering and Computer Science, NIT, Matsue College  Rights Reserved.