^Back To Top

学ぶのは、エネルギー、エレクトロニクス、コンピュータ

夏季集中授業(3週目)

3週目は、3年生の実験がありました。ここでは、「シーケンス制御」と「PC基礎」を紹介します。

 

3年 シーケンス制御

電気を流すと回路の一部分を切ったり、つなげたり、切り替えたりする「リレー」という素子を活用した制御をシーケンス制御といいます。

安定性が高いので、身の回りの様々なところで使用されています。

この実験ではボタンを押すと物理的な動きをするようにラダー図(シーケンス制御の回路図)を書いて、その図と同じ動きをするようなプログラムを

装置に記憶させます。

ちなみに、画面中央より少し奥に頭だけ見えている青色のコンプレッサーから高圧の圧縮空気が送られていて、透明なチューブの中には送られてきた空気が通っています。物理的な動作をするとき、空気の「シュポッ」という音が聞こえます。結構心地いい音で、聞いていると楽しいです♪

 

3年 PC基礎

コンピュータも扱える電気情報系エンジニアになるためには、コンピュータのハードウェア(電子回路基板やメモリ、記憶装置などのコンピュータの物理的な中身)とソフトウェア(プログラムなど)、両方に詳しくなる必要があります。この実験では、ハードウェアを実際に触ったり、コンピュータを作ったり、Windowsを入れたりします。他にも映画などでよく出てくる黒い画面に白い文字が出ている「コマンドプロンプト」の操作についても学習します。

下の写真を撮りに行ったときにはハードウェアをいじっていました。具体的にはメモリ(プログラムを実行するために必須の電子機器)をマザーボード(コンピュータで一番大きくて重要な電子回路基板)に抜き差しする練習や、コンピュータの頭脳であるCPUを取り付け、その上にクーラーを取り付けるなどをしていました。下の写真は取り付け風景です。

 

下の写真はデスクトップコンピュータの中身です。実は、Windowsを動かすだけならこれくらいスカスカな中身でも動きます!

この記事を書いている人は、これをカスタマイズして色々なことができるコンピュータを作ったりしています。楽しいですよ~♪

 

Copyright © 2013. Electrical Engineering and Computer Science, NIT, Matsue College  Rights Reserved.