^Back To Top

学ぶのは、エネルギー、エレクトロニクス、コンピュータ

今、高専の先生はどのように・どのような仕事をしているか

学校が休校であり、部活動も停止している今、高専の先生はどのように・どのような仕事をしていると思いますか?

今日はその中の一端を紹介します。

 

① Web授業を作っている

 先日も書いていましたが、5/18(月)より、オンラインで授業を再開します。そのため、先生は大急ぎでその準備をしています。

 オンライン授業の方法は様々です。普段の講義を撮影する、ノートを公開して説明する、プレゼン資料を写して説明する、Web配信で生ライブ(卒研など)・・・。

 

 【学生の皆さんにお願い】

 必ず動画を見てください!

 資料だけでは伝えられない重要な情報などありますし、伝わりやすさも違います。(そして、熱心に作ったものはしっかり見てほしい。)

 そして、

 わからなかったら質問をしましょう!

 

② 論文を書いている

 年度末や年度初めは例年そうですが、皆さんの先輩方が出した成果を世の中の人に示すために、先生は一生懸命論文を書いています。ちなみに5月頃は論文の提出〆切が結構多い時期です。

 

③ お金を外からもらうために自分の研究のすばらしさをアピールする提案書を書いている

 研究にはお金がかかります。ですので、「素晴らしい研究にはお金を出してあげましょう」という財団や機関に対して「いい研究でしょ?もっと頑張るからお金ください!」というアピールを『提案書』という形で応募します。年度初めはその申請が多いため、書いている先生は多いです。

 

④ 研究をしている

 もちろん、時間があれば研究を行っています。

 

⑤ 面接練習に付き合っている

 5年生は今、進路を決める時期なので、先生方も面接練習を手伝い、サポートしています。

 

⑥ 家で仕事をしている

 緊急事態宣言で外出を控えるのは教員も同じです。そのため、自宅で仕事をしている先生も多いです。 ※14日で終了しました

 

想像と比べてどうでしたか? 以上のように、先生も色々頑張っています。

 

Copyright © 2013. Electrical Engineering and Computer Science, NIT, Matsue College  Rights Reserved.