A_denshi.jpgB_kikai.jpgC_denki.jpgD_programming.jpg

2月17日(水)に3年生の専門科目である創造設計製作2の授業でロボットコンテストを開催しました.1年にわたって,グループで与えられた競技課題を克服するためのアイデアやロボットの作り方を話し合い,与えられたルールの範囲内で独創的なロボットを完成させました.コンテスト前には各班でロボットのアピールやチーム内での取り組みについて発表しました.コンテストはロボットアームでボールを入れあい,逆転につぐ逆転があり,大変盛り上がりました.これまで授業で習ったことを,どのようにロボット製作に活かすのか大変貴重な体験ができたと思います.

2月17日(水)に4年生を対象としたOB講演会を実施しました.今回は,(株)ディスコに就職した卒業生と東洋エンジニアリング(株)に就職した卒業生にそれぞれの会社での仕事やキャリア形成について語っていただきました.間近に迫った就職活動に向けて貴重な話を聞くことができました.

2月15日(月)に4年生の工場見学を実施しました.今回は,島根県出雲市にある(株)島根富士通を訪問しました.ノートパソコンやタブレットなどを年間およそ200万台も生産する製造現場とその職場環境を見学し,学生たちは良い刺激を受けたようでした.見学の最後には,電子制御工学科を卒業した若手社員の方と話をする機会もいただきました.就職活動などの進路選択に向けた貴重な経験となりました.

1月29日(金)に卒業研究発表会を実施しました.これは,5年生がこれまでの1年間の研究成果をパワーポイントを用いて発表するもので,今年は35名の学生が登壇しました.各自,同じ電子制御工学科の4年生,5年生そして10名の教員を相手に7分間の発表を行い,その後の質疑応答(約5分間)では様々な質問・意見にがんばって返答していました.今年度行われた各研究テーマについては,「卒業研究」のページをご覧下さい.

電子制御工学科5年の木佐省吾くんが、日本知能情報ファジィ学会 中国・四国支部 奨励賞を受賞しました。本受賞は、2015年12月12日(土)に広島市で開催された同学会の中国・四国支部大会における研究発表が評価されたものです。大学院生による発表が多いなか、最年少の発表者での受賞となりました。

木佐省吾、堀内 匡:
「ウェアラブルセンサを用いた頭部動作認識システムの構築」

●第20回 日本知能情報ファジィ学会 中国・四国支部大会
http://www.soft-cs.info.hiroshima-cu.ac.jp/conference_current.html

 

Joomla templates by a4joomla