2017年12月16日(土),17日(日)に松江高専で「冬の工作教室」が開催され,電子制御工学科からも中西研究室が「かざすと光る!不思議なキーホルダーを作ってみよう」のテーマで教室を開きました.このキーホルダーはSuiacやWAONなどの「ICカード」と同じ原理で,スマホやカードリーダーにかざすと中のLEDがピカピカ光るというものです.またキーホルダーは「UVレジン(紫外線硬化樹脂)」を使ったいわゆる「レジン細工」で,生徒の皆さんは思い思いにキーホルダーをデザインして,楽しそうに自分だけのオリジナルキーホルダーを作っておられました.工作教室を通じて,キーホルダーを作るという「モノづくりの楽しさ」と,かざすと光るという「科学の不思議さ」を体験してもらえたのではと思います.

 
Joomla templates by a4joomla