学科紹介

arrow 【一般】人文科学科・数理科学科

人文科学科・数理科学科 本校では、専門科目以外の科目を総称して「一般科目」と呼んでいます。 これらは中学校で習った教科の延長線上にあるもので、普通高校で行われているものとほぼ同じような教科のことです。 松江高専の一般科目は、専門科目を学ぶための基礎的な勉強を中心としながら、広い視野と豊かな人間性を持った学生を育てるために幅広い学問の分野をカバー し、 より高度な知識までを学べるように配慮して教育を行っています。

arrow 【専門】機械工学科

機械工学科 機械工学科は、物理学を基礎とする「モノづくり」の骨格となる学問です。本学科では、材料力学・熱力学・流体力学などの基盤理論と技術を学びます。


〔教育目的〕

機械工学分野の理論、知識および技術を身につけ、”ものづくり”の中核分野に貢献できる実践的な技術者の育成を目的とする。


〔教育目標〕

1. 機械工学に関する基礎的なデザイン能力がある。
2. モノづくりに必要な基礎的なデザイン能力がある。
3. コンピュータを、機械の設計・製作等に役立てる基礎能力がある。
4. 実験データを収集・解析・考察できる基礎能力がある。

arrow 【専門】電気情報工学科

400 denki2 電気情報工学科では、電気エネルギーを作り、使うための技術から、エネルギーを利用して私たちの生活を豊かにする技術、安全を守る技術、コンピュータ社会を支える情報通信技術を学びます。

 

〔教育目的〕

電気工学分野の理論、知識および技術を身につけ、電力エネルギー・電子光デバイス・情報通信・コンピュータ分野に貢献できる実践的な技術者の育成を目的とする。

〔教育目標〕

1. 電気・電子機器を扱うための基礎的な専門知識がある。
2. 電気・電子機器を作るための専門的な基礎能力がある。
3. コンピュータを用い、情報を収集・活用・発信するための基礎能力がある。
4. データを収集・解析・評価するための基礎能力がある。

arrow 【専門】電子制御工学科

電子制御工学科 電子制御工学科では、機械・電気・情報の知識や技術を教室での授業だけではなく、実験や実習を効果的に組み合わせ、実際に体を動かしながら学びます。


〔教育目的〕

電子制御工学分野の理論、知識および技術を身につけ、メカトロニクスやシステム制御などの幅広い分野に貢献できる実践的な技術者の育成を目的とする。

〔教育目標〕

1. 電気・電子分野に関する基礎的な知識がある。
2. 機械・力学分野に関する基礎的な知識がある。
3. 制御・情報分野に関する基礎的な知識がある。
4. 各分野の知識を、ものづくりやメカトロニクスに応用する能力がある。
5. データを収集・解析・考察できる基礎能力がある。

arrow 【専門】情報工学科

情報工学科 情報工学科では、コンピュータのプログラミング技術はもちろん、ハードウェア技術や通信技術についてもバランス良く学んでいきます。

 

〔教育目的〕

情報工学分野の理論、知識および技術を身につけ、情報化社会の発展に貢献できる実践的な技術者の育成を目的とする。

〔教育目標〕

1. コンピュータをつくるハードウェア技術の基礎的な専門知識がある。
2. コンピュータを動かすソフトウェア技術の基礎的な専門知識がある。
3. コンピュータをつなぐネットワーク技術の基礎的な専門知識がある。
4. データを解析・考察し、説明できる基礎能力がある。
5. コンピュータを用いて情報を収集・活用・発信するための基礎能力がある。

arrow 【専門】環境・建設工学科

環境・建設工学科 環境・建設工学科では,これまでの土木技術の高度化に対応した教育だけでなく,環境にも配慮した教育研究を展開します。 

 

〔教育目的〕

環境・建設工学分野の理論、知識および技術を身につけ、様々な社会基盤整備分野に貢献できる実践的な技術者の育成を目的とする。


〔教育目標〕

1. 構造力学、土質力学、水理学、建設材料学、環境工学に関する基礎的な知識がある。
2. 実験や実習を通じて現象の基本構造を解析するための基礎能力がある。
3. 設計製図、情報処理、測量に関する基礎的な技術がある。
4. 災害を防ぎ、環境を守る技術の基礎的な知識がある。

arrow 【専攻科】生産・建設システム工学専攻・電子情報システム工学専攻

401 senkouka 本科卒業後、さらに2年間の学業・研究をする場として専攻科があります。2専攻からなり、更に専門能力を高めていきます。


生産・建設システム工学専攻

〔教育目的〕

機械工学分野又は環境・建設工学分野のより高度な理論、知識および技術を身につけ、当該分野やその境界・融合領域での問題発見・解決能力および創造性を持つ技術者の育成を目的とする。

〔教育目標〕

1. 機械工学、環境・建設工学いずれかの分野を基礎として、他の分野を融合した境界領域の知識がある。
2. 技術者としての企画、提案、解決能力がある。
3. 技術者としてのコミュニケーション能力、倫理観、社会知識がある。

電子情報システム工学専攻

〔教育目的〕

電気工学分野、電子制御分野又は情報工学分野のより高度な理論、知識および技術を身につけ、当該分野やその境界・融合領域での問題発見・解決能力および創造性を持つ技術者の育成を目的とする。

〔教育目標〕

1. 電気・電子工学、制御工学、情報工学いずれかの分野を基礎として、他の分野を融合した境界領域の知識がある。
2. 技術者としての企画、提案,解決能力がある。
3. 技術者としてのコミュニケーション能力、倫理観、社会知識がある。