松江高専環境方針

 松江高専環境方針

1.基本理念  

 単に、自己の利益や所属する組織の利益にもとづいて行動するのではなく、時にはそれに反するとしても、地球上のあらゆる他者と同じ世界を生きる世界市民として行動できるための倫理観を欠いてはなりません。そのことは、われわれの後にこの世界を生きるであろう未来の他者への視線を持つことにもつながっています。

 自己の成長だけでなく、技術の進化や地域・国際社会、そして未来の他者へ思いを馳せればどうしても必要な、地球環境保全に貢献できてはじめて、『エンジニア』だと私たちは考えます。

 本校に集った教職員及び学生が、『学(ま)んで創(つ)れるエ(え)ンジニア』を目指して目を輝かせ、将来に対する希望を持ち、出会った友人や教職員とともに充実した学生生活を送ることで、本物の『エンジニア』となっていく。そんな環境を意識した「人づくり」を私たちの環境方針とします。

 

2.環境方針

 本校の教育・研究活動から発生する地球環境に対する負荷の低減と汚染の予防に努める。

地球環境や地域環境の保全・維持向上のための教育・研究を展開し、地域社会と連携にすることにより、地球環境保全に貢献できる『エンジニア』の育成を目指す。

 この環境方針を達成するため、環境目的・目標を設定し、教職員及び学生が協力して、これらの目的・目標の達成に努める。
本校の活動に係わる環境に関する法規制、条例、協定、及び自主規制の要求事項を順守する。
環境マネジメントシステムを確立するとともに、環境目的・目標は定期的に見直しを行い、継続的な改善に努める。

 この環境方針は文書化し、すべての教職員が認識するとともに、学生及び本校関係者に対して周知させる。さらに文書及びホームページを用いて、本校関係者以外にも広く開示する。


2004年11月24日
松江工業高等専門学校長