2019年度新入生オリエンテーション

 4月12日(金)・13日(土)に島根県立青少年の家サン・レイク(出雲市小境町)において「新入生オリエンテーション」を実施しました。この研修は、新入生が合宿研修を通して本校学生としての自覚を持つことと、新入生相互の親睦を深めることとを主な目的として、毎年実施しているものです。

 初日に実施した恒例の登山(一畑薬師周回コース)は天候にも恵まれ、学生は慣れない山道に苦労しながらも,無事に目的地の一畑薬師に到着しました。また、サン・レイクの多目的ホールでは教務主事、学生主事、学年主任の講話や、カリキュラムガイダンスと情報倫理に関する講話が行われました。ほか、クラス内の親睦をより深めるためにクラス別ミーティングを行い、学生の自己紹介や教員からの話で大いに盛り上がりました。この研修を通じて、新入生が互いに協力して助け合い、本校学生としての規律ある学校生活がすみやかに送れることを期待しています。