熱流体解析および構造解析に関する講習会の開催

3月11日(月)・12日(火)の2日間、本校マルチメディア演習室において熱流体解析および構造解析に関する講習会を実践教育支援センターと機械工学科の共催により開催しました。本講習会は本校機械工学科5年生だけでなく、環境・建設工学科5年生、専攻科生、教職員のほかに米子高専の学生も参加し、30名以上の受講者で開催しました。

講師には(株)ソフトウェアクレイドルより飯田遼平氏、エムエスシーソフトウェア(株)より和田直輝氏、江川みち氏をお招きし、熱流体解析ソフトウェアscFLOWと構造解析ソフトウェアMSCApexを使用して基礎から応用までを詳しく説明していただきました。学生たちは熱・流体力学や構造力学に関するCAE技術を理解するとともに、実際の解析における疑問点を積極的に質問するなど熱心に受講しました。

実践教育支援センターと機械工学科は、今回の講習会が学生や教職員の研究活動の発展につながることを期待しております。