2019年2月のトピックス

島根県スポーツ功労者表彰を受賞!

2月26日(火)、ホテル白鳥に於いて「平成30年度島根県スポーツ功労者表彰式」が行われ、本校男女バレーボール部、弓道部、女子バスケットボール部に表彰状及び記念品が授与されました。それぞれ下記の顕著な功績が認められたものです。

●男子バレーボール部:
第52回全国高等専門学校体育大会 優勝
第53回全国高等専門学校体育大会 優勝

●弓道部
第5回全国高等専門学校弓道大会 男子団体 優勝

●女子バレーボール部
第52回全国高等専門学校体育大会 準優勝
第53回全国高等専門学校体育大会 準優勝

●女子バスケットボール部
第53回全国高等専門学校体育大会 準優勝 

 

全国年賀はがきコンクールで入賞

本校の書道部員が「第35回全国年賀はがきコンクール」に出品し、入賞を果たしました。

  門脇唯奈さん(電子制御工学科3年生):全書会会長賞

本コンクールは、「文字を正しく整えて丁寧に書く」ことを大切にする心情を育て、日本の新年を祝う慣例行事と文字文化の振興発展に寄与することを目的に開催されています。第35回大会には全国より7,377点の応募がありました。応募作品は審査の結果、特別賞と本賞とに分けられ表彰されます。門脇さんは、特別賞の中でも上位に位置する「全書会会長賞」を受賞しました。おめでとうございます。

●全国年賀はがきコンクール
https://zenshokai.or.jp/nenga/


 

ビジネスプランコンテストで奨励賞・特別賞を受賞

2月23日(土)に松江テルサにおいてビジネスプランコンテスト『松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2019』の最終審査会が開催され、本校チームが奨励賞・特別賞を受賞しました。本コンテストの学生部門には53件の応募があり、一次審査(書面審査)で選抜された6件が最終審査会に出場しました。松江高専からは2件(8名)がプレゼンテーション審査に挑み、以下のような結果となりました。

○奨励賞、楽天 特別賞:ひらがなおえほん
OhMochi:日野 鎌・神田 凌(情報工学科3年)、梶谷里彩・富金原桃香(情報工学科2年)

○奨励賞、IIJ 特別賞:RobotWorld
Team-HogeHoge:升田圭亮・福田伊織(情報工学科3年)、永島大輔・藤井康平(情報工学科2年)

●松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2019
http://www.shimane-oss.org/biz-contest2019/

第4回新任教員研修開催

2月20日(水)、FD/SD(Faculty Development/Staff Development)委員長 鈴木純二 准教授により、第4回新任教員研修会が開催されました。研修テーマは「わたしの授業改善」でした。新任教員たちは、松江高専で教鞭を振るった1年間を振り返り、気付いたこと、感じたことをそれぞれの視点から述べ、次年度へ向けた改善点の情報共有を行いました。また、特別講師として本校日本語科主任 大西 講師から「飽きさせない授業の組み立て方」の指導を受けました。その後、副校長 宮下 教授、教務主事 原 教授、キャリア支援室長 服部 教授ほか、2年目教員、FD/SD委員など総勢12名で、より良い授業方法・教育システムについて、活発に意見交換を行いました。FD/SD委員会では新任教員の支援に注力し、教員の授業力・学生指導力・研究室運営力の改善と同僚性の醸成を目指しています。

 

ワークルールセミナーを開催

2月6日(水)に4年生及び専攻科1年生を対象として、また12月18日(火)に企業から内定を受けた5年生及び専攻科2年生を対象として、一般社団法人ワークルールより講師を迎え、「離職防止セミナー・ワークルールセミナー」を実施し、約350名の学生が参加しました。

「離職防止セミナー」では自分の「興味」だけでなく「得意」を活かす仕事を考えること、職場で「期待されていること」を知る重要性などを学びました。

「ワークルールセミナー」では、「ブラック企業」「労働条件通知書」「変形労働時間制」「パワハラの要件」等の働くときのルール(権利)を知るとともに、「職務専念義務」「自己管理義務」「秘密保持義務」等の働くときのマナー(義務)の大切さも学びました。雇用主の給与支払額と労働者の給与受取額の差が、労使双方の「意識の差」を生むことも、心に深く刻まれたことと思います。