探査機「はやぶさ 2」搭載カメラの開発者による特別講演会

12月7日 (金)、千葉工業大学惑星探査研究センター研究員の山田 学 博士をお招きし、宇宙機の機器開発・通信・運用に関する講義や、「はやぶさ 2」の最新状況の解説をしていただきました。山田博士は探査機「はやぶさ2」の光学航法カメラの開発・運用をされています。

講演は主に情報工学科の学生向けに企画したものでしたが、探査機という分野横断的な内容であったため、各学科から合わせて約60名の学生が参加しました。学生たちにとって、最新の科学を支える情報通信技術に対して理解を深めるきっかけになったと思います。