2018年10月のトピックス

第34回中国地区高等専門学校英語弁論大会 暗唱部門3位入賞

10月27日から28日の2日間に渡って、山口県周南市「学び・交流プラザ」で、第34回中国地区高等専門学校英語弁論大会が開催されました。この大会には、暗唱部門とプレゼンテーション・シングル部門(PowerPointを使用)があり、本校からは前者に森 円花さん(環境・建設工学科3年)・藤原 涼くん(情報工学科2年)、後者に 村上穂香さん(環境・建設工学科3年)・川上ゆりさん(情報工学科2年)が参加しました。

6月からコツコツと練習を積み重ね、4名ともかなりの上達ぶりを見せてくれました。その結果、藤原 涼くんが暗唱部門第3位の成績をおさめました。2年前より始まったプレゼンテーションシングル部門は、まるでTEDのプレゼンを聞いているかのようなハイレベルの争いで、聞き応えのある内容でした。参加した4名の学生も、大変よい刺激を受け、すでに来年度の参加を決意した学生もいるようでした。

 

「フレッシュITあわ~ど2018」で最優秀賞

スマートフォンなどの携帯端末を使った自由なアイデアを募集するコンテスト『フレッシュITあわ~ど2018』(主催:電子情報通信学会 中国支部学生会)において、本校の宍道未沙希さんの考案したアイデアが最優秀賞を受賞しました。

10月27日(土)に広島市立大学で行われた最終審査では、書類選考で選抜された8件(アイデア部門)がポスターセッション形式の審査に挑みました。本校からは3名の学生が最終審査に進み、審査の結果、以下のような成績をおさめました。

●最優秀賞・総務省中国総合通信局長表彰
宍道 未沙希(情報工学科3年):ほっとハット

●優秀賞
小山 裕(情報工学科2年):Peace Teeth

●入選(3位相当)
福井 宥斗(情報工学科3年):Un-Fraud

フレッシュITあわ~ど2018 公式サイト
https://freshitaward.wixsite.com/freshitaward2018

 

島根県議会農水商工委員会実施調査

10月16日(火)、松江高専にて島根県議会農水商工委員会による実地調査が行われました。今回の調査テーマは「地域産業及び農林水産業の発展に向けた人材確保」で、農水商工委員会委員6名、委員外議員2名、県執行部・県議会事務局職員14名の計22名の方が来校されました。挨拶の後、本校の就職状況や取組み、現状と課題についての説明を平山校長、原教務主事、服部キャリア支援室室長、堀内校長補佐、渡部広報委員長の順で行い、その後意見交換を行いました。本校が力を入れて取り組んでいるリカレント教育についてなど、多くの質問等があり、最新の松江高専の取組について知って頂く貴重な機会となりました。

島根におけるリカレント教育プログラム

松江高専は“KOSEN(高専)4.0”イニシアティブ事業として「島根における建設技術者のためのリカレント教育プログラム」を平成30年度から新規事業として推進しています。このプログラムは島根の地域創生・地域活性化のためにi-Constructionに対応した建設技術者の教育プログラムの充実を図り、建設分野におけるICT技術を活用した課題解決型技術者育成及び次世代の新技術活用促進を図ることを目的としています。

本リカレント教育の特徴は実務経験豊富ではあるが最先端の技術を学びたい社会人と、社会での経験はほとんど無いが斬新なアイディアにあふれた学生が、最先端技術を駆使しグループを組み、島根における課題解決に取り組むものです。学生は県内企業の社会人と一緒に学び合うことで県内企業に目を向けることができ、島根への就労の足がかりとなることも期待されます。

今年度は建設技術者として島根県内の行政、建設会社、建設コンサルタントに勤務する10名の社会人が科目等履修生又は聴講生として、環境・建設工学科4年生の学生と共に全8回の講義(科目名:設計演習2)を受講します。10月25日(木)に行われた第1回目の講義では、国土交通省中国地方整備局松江国道事務所の鈴木祥弘所長によるi-Constructionの推進と生産性向上について講演が行われ、その後、演習室にてInfraWorksの基礎について学びました。受講者の社会人と学生は共に熱心に講義を受講していました。

 

全国高等専門学校ロボットコンテスト2018中国地区大会を開催

アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018中国地区大会が、10月21日(日)に本校主管のもと、松江市の鹿島総合体育館で開催され、中国地区の8高専から16チームが参加して熱戦を繰り広げました。今年度の競技課題は『Bottle-Flip Cafe (ボトルフリップ・カフェ)』で、1チーム2台までのロボットが自陣の8つのテーブルに向かってペットボトルを投げてかっこよく立たせる競技です。

松江高専からは、松江高専Aチーム「E・C (イーシー)」と松江高専Bチーム「T4ortoise(トータス)」が出場し、松江高専Aチームは決勝トーナメントの決勝戦で広島商船高専Aチームに惜しくも敗れ、準優勝となりました。松江高専Bチームは予選リーグで敗退し、残念ながら全国大会出場は叶いませんでした。当日は秋晴れに恵まれ多くの来場があり、出場チームには惜しみない拍手が送られました。なお、全国大会は11月25日(日)に東京の両国国技館で開催されます。

大会結果は次のとおりです。
●優勝:広島商船高専A「紫電☆一閃」
●準優勝:松江高専A「E・C」
●アイデア賞:津山高専B「V-Injection」
●技術賞:大島商船高専B「One More Time」
●デザイン賞:広島商船高専B「茶屋 妖」
●特別賞:大島商船A「ピエロ」、津山高専B「V-Injection」、宇部高専A「槿花一蝶」、広島商船B「茶屋 妖」、米子高専A「鳥取デザートカフェ」、広島商船A「紫電☆一閃」

全国大会出場校
●優勝チーム:広島商船高専A「紫電☆一閃(シデンイッセン)」
●推薦チーム:呉高専A「Vic鳥(ビクトリー)」
●推薦チーム:津山高専A「一投勝射(イットウショウシャ)」

高専ロボコン公式サイト
http://www.official-robocon.com/kosen/