2018年9月のトピックス

留学生が自動運転総合コンテストで優秀賞を受賞

8月31日(金)、九州工業大学において連携大学院インテリジェントカーロボティクスコースの自動運転総合コンテストが開催されました。カンサリュ―君(電子制御工学科4年)のチームは、参加チームの中でも高い精度の自動運転の自動車を作り優秀賞を受賞しました。このコンテストは自作の自動車をコンテストの課題である経路制御や追い越し制御の精度を他のチームと競い合う競技です。カンサリュー君は他大学の学生と一緒にCOMSを用いた速度制御、ステアリング制御などの自動車の自動運転システムの構築を行い、遠隔による車両の位置のモニタリングなどに取り組みました。カンサリュー君にとって非常に良い経験ができたと思います。

2018年度FD/SD研修会を開催

9月11日(火)に、本校にて全教職員を対象に「FD/SD研修会」を開催しました。講師には、島根大学 地域未来協創本部 知的財産創活部門長 の松下幸之助 教授をお招きしました。「企業と大学における知的財産の考え方 ~TOTO株式会社と島根大学の事例を通して~ 」と題して、これまでの松下先生のTOTO株式会社および島根大学での取組みを交えながら、企業と大学における知的財産の考え方の相違点、知的財産に関連したリスクマネジメントなどについて、ご教授いただきました。大変貴重で有意義な研修会となりました。

 

防災訓練を実施

9月20日(木)に本校において防災訓練を実施しました。この防災訓練は、地震等に対応した各種訓練を通じて、防災に対する意識を向上させることを目的として毎年実施しています。訓練では、緊急地震速報の後、1~5年生および教職員が本校の学びの庭・第一体育館へ一斉に避難し、点呼・講評が行われました。続いて、1年生を対象とした消火器の使用説明および実技訓練が行われました。

 

平成30年度後期始業式

9月20日(木)に本校第一体育館において平成30年度後期始業式が行われました。始業式では、平山けい校長、原元司教務主事、村上亨学生主事、松本浩介寮務主事からの話がありました。続いて、シンガポールからの研修生2名の自己紹介、夏季休業中の大会で好成績を挙げた部活動に対する表彰および結果報告が行われました。

「小型掃除機を作って空気の流れと圧力について学ぼう」開催

本校電子制御工学科 市川研究室が8月2日(木)島根大学付属小学校にて小学生1-6年生を対象に「小型掃除機を作って空気の流れと圧力について学ぼう」と題して公開講座を実施しました。今回の教材は全6色の方眼紙に書かれた設計図から本体をはさみで切り出し、本体を組み立てモータを取り付けたカラフルで本格的な小型掃除機です。手作りの掃除機ですが軽いティッシュペーパーや少し重たい切り出した時に出た小さな方眼紙を吸い込みました。自分の作った掃除機を使って机の上をきれいにした後、掃除機が吸い込む原理や圧力や真空について学習し、圧力が身の周りでたくさん応用されていることを知りました。小学生達は今回のものづくり教室を通じて、作るのは大変だけど自分が作ったものがしっかり動くという楽しさを学ばれたと思います。