2018年9月のトピックス

全国高専将棋大会 女子個人戦優勝、男子個人戦3位

8月22日(水)~24日(金)にワークプラザ勝田(茨城県ひたちなか市)で開催された「第25回全国高等専門学校将棋大会」にて、松江高専から男子団体1チーム、男子個人戦4人、女子個人戦1人が参加し、女子個人戦で村上穂香さん(環境・建設工学科3年)が優勝しました。決勝の対局はプロ棋士の戸辺誠 七段と本田小百合 女流三段によって実況解説が行われる中、プロにも褒められる見事な寄せで相手を押し切りました。優勝した村上さんからは「昨年は決勝で負けたのが悔しくて、この大会で優勝することを目標に一年間頑張ってきたので、とても嬉しいです」と喜びの声が聞かれました。また、男子個人戦では古志野瑛元君(電子制御工学科3年)が3位に入賞しました。本校学生がこの大会の男子個人戦で入賞するのは初めてです。