平山校長がインターンシップ受け入れ企業を表敬訪問

8月初旬に昨年度より学生の就学支援等でご尽力いただいている(株)日本フォトサイエンスを平山校長が表敬訪問しました。同社は、紫外線殺菌装置の製造では世界トップクラスの高い技術を誇る企業です。この日米国から一時帰国されていた、代表取締役トーマ・キヨミツ・ケヴィン氏と執行役員の平山正純氏を訪ね、今年度から本校学生へ支援が行われる日本フォトサイエンス奨学金のお礼と昨年度受け入れていただいたインターンシップの成果報告及び今年度引き続き受け入れていただく3名の学生についての紹介を行い、その後、貴重な装置の見学と同社の誇る高度な技術についての説明を受けました。懇談の中でトーマ・キヨミツ・ケヴィン氏は、今後、「グローバルな視点を持ちエンジニアリングを担う若い人材が松江高専からたくさん育って欲しい。そのための支援は惜しみません。」と力強いお言葉をいただくことができました。