佐渡金銀山で電子制御工学科卒研生が坑道調査の実演を実施

平成30年7月13日に世界遺産登録を目指す新潟県佐渡金銀山において、地元新穂小学校の3年生を対象にロボットを用いた坑道調査の実演および操作体験を行いました。まず事前学習として卒業研究で「ロボットを用いた鉱山坑道調査」を行っている電子制御工学科久間研究室の森﨑悠貴学生と正田淳一学生がロボットの操作方法を説明しました。続いて山中にある坑道までロボットや調査に必要な機材を持って移動してもらいました。小学生諸君は坑道内に散乱する岩石等をロボットから送信される動画を見ながらロボットを坑道内へ進入させる操作体験を行いました。小学生諸君は「ロボットの操作は始めは難しかったけれどなれると思い通りに動かすことができと」少し興奮した様子で話していました。

翌14日には電子制御工学科久間研究室の5年生(森﨑悠貴、矢田雅人、正田淳一、福島崇生)が考案・製作した「ミニチュア鉱山探査ロボット」を用いた「ものづくり教室」を実施しました。今回製作した教材は、実際に坑道調査に際に使用するロボットと同じ構造をした物です。受講生諸君は、ギヤーボック、車輪、起き上がり機構等の組み立てを行いました。受講者からは、「工作している時間があっと言う間だった。」「倒れても起き上がる仕組みは面白かった」などの意見が寄せられました。今回のものづくり教室を通じてものづくりの「楽しさ」と「難しさ」を学ばれたと思います。