2018年6月のトピックス

ふるさと学講演会を実施

6月29日(金)、本校において、4年生213名を対象に、丸山実子氏(島根大学准教授 教育・学生支援機構キャリアセンターキャリア支援部門長)による、講演「ふるさと学『好きですか?ふるさと。もっと愛そう島根を。』」を実施しました。

まず学生たちは、「島根は地域の暮らしやすさ全国1位」「島根は男性の家事参加率全国1位」など、県外出身である丸山氏の視点から語られる島根の凄さにひとしきり興じ、現在居住する島根について知らないことの多さに気付かされました。そして、ジョブキャリアとライフキャリアの視点をもつ大切さ、「住んでいる場所」はその双方に影響する可能性もあることも学びました。学生達からの質問に対し、丸山氏からは、「自分から働きかけて情報を得ることが大事」、「人生に無駄なものは何もない」、「逆境にあっても物事を前向きに捉えることで乗り越えられる」等、4年生へ暖かい応援メッセージが送られていました。

 

消費者トラブルに関する講話を実施

6月25日(月)、2年生約200名を対象に、島根県消費者センターから講師を招き、消費者トラブルに関する講話を実施しました。学生達は、クーリング・オフの方法や、マルチ商法、フリマアプリ、インターネット通販の注意点等、最近の若者のトラブル事例と対策について学びました。

講話を聞いた学生からは「マルチ商法が印象に残った」「被害者から加害者になってしまい、人間関係も悪くなる…」「おいしい話にだまされないように気をつけたい」「客が弁当をカウンターにおいたら契約成立と知ってびっくりしました」「インターネットは気をつけて使おうと思いました」等の感想がありました。

今日学んだことを今後の生活に活かして欲しいと思います。

専攻科エンジニアリング・デザイン製作発表会

6月27日(水)、専攻科1年の「エンジニアリング・デザイン演習」において、島根県(地域)の課題解決をテーマに各自が考案したシステムの発表を行いました。発表ではポスターおよび実物を用いて、地域の問題点やそれを解決する多種多様な提案がなされました。会場からは多くの質問があり、活発な討論がなされました。

専攻科ホームページ
http://www.matsue-ct.jp/senkoka/

 

平山校長と女性教職員の懇談会を開催

6月22日(金)、平山けい校長と女性教職員の懇談会を開催しました。この懇談会は、より良い職場環境整備のために、校長と女性教職員との懇談会を通じて、女性教職員を取り巻く現状を把握することを目的として、平成26年度から実施しています。今年度は11名が参加し、育児と仕事の両立や、寮の宿日直についてなど、日頃感じていることについてディスカッションを行いました。今回寄せられた意見は、今後の職場環境づくりに活かしていきます。

 

第18回レスキューロボットコンテスト神戸予選を1位通過

6月24日(日)に神戸ポートオアシスにて開催された「第18回レスキューロボットコンテスト神戸予選」に本校のチーム(チーム名:MCT)が参加しました。チームは救助対象2体の救助・搬送を無事完了し、167ポイントを獲得。2位チームに30点以上の差を付けて1位での予選通過となりました。これにより3年連続でポイント獲得枠での本選進出を決めました。

本選は8月11日(土)・12日(日)に神戸サンボーホールで開催されます。

松江高専レスコンチームHP
http://mctrescon.blogspot.com/