2018年5月のトピックス

第2回新任教員研修を開催

5月30日(水)、FD/SD(Faculty Development/Staff Development)委員長 鈴木純二 准教授により、第2回新任教員研修会が開催されました。今回の研修テーマは「中間試験に向けての注意事項と第三者評価資料の作成・保管」でした。新任教員たちは、教務主事補 松田 准教授から第三者評価資料の作成・保管方法について知り、さらにFD/SD委員長 鈴木 准教授より試験監督方法と中間試験作成に向けた注意点について説明を受けました。特に学生の理解度を充分に分析してから試験問題作成に臨むことが重要であることを学びました。新任教員を支援するべく、副校長 宮下 教授、教務主事 原 教授、キャリア支援室長 服部 教授、新任教員の少し先輩にあたる2年目教員やFD/SD委員など合計10名の教員が参加し、自らの経験談を交えて、注意点の共有と重要事項の確認を行いました。FD/SD委員会では今年度も新任教員の支援に注力し、教員の授業力・学生指導力・研究室運営力の改善と同僚性の醸成を目指していきます。

 

1年生が救急救命法の訓練を実施

5月30日(水)、1年生約200名を対象に救急救命法の訓練を実施しました。この訓練は、日本赤十字社島根県支部より講師を招いて、LHR(ホームルーム活動)の一環として実施したものです。学生たちは、心肺蘇生法(死戦期呼吸、舌根沈下と気道確保、胸骨圧迫、AEDによる除細動など)の訓練を通して、救急救命法の重要性を学びました。学校生活において、また将来エンジニアになった際にも、有事に対応できるよう熱心に訓練を受けました。

 

土木学会中国支部研究発表会にて「若手優秀発表賞」受賞

5月26日(土)に、第70回土木学会中国支部研究発表会が開催されました。この研究発表会での約200件の講演の中から、本校専攻科の生産・建設システム工学専攻に所属する持田新太郎くんの講演が評価され、「若手優秀発表賞」を受賞しました。今後、より一層の活躍が期待できます。

<受賞者と研究題目名>
・持田新太郎:トンネル覆工コンクリートの外力によるひび割れに関する基礎的研究

学生総会を実施

5月15日(火)に本校第一体育館において学生総会が実施されました。この総会は学生会の最高決議機関で、会議では中村愛梨前学生会長ら前執行部による昨年度の活動・決算報告のあと、北村将騎新学生会長ら現執行部による今年度の活動計画と予算案の説明が行われました。全ての議案が賛成多数により承認されました。

 

留学生交流会を開催

5月12日(土)に直野寮寮生会主催で留学生交流会を行いました。寮生会、留学生およびそのチューター合わせて12名が参加しました。まず、お互いの自己紹介をしたのちに、カラコロ工房で和菓子づくりに挑戦しました。その後楽しく一緒に買い物したり、堀川遊覧船での松江観光などで交流を深めることができました。

松江高専学生寮「直野寮」
http://www.matsue-ct.jp/ryo/