SI2017優秀講演賞を受賞

専攻科生産・建設システム工学専攻1年の三好圭一朗君(機械工学科出身)がSI2017優秀講演賞を受賞しました。これは2017年12月20日(水)~22日(金)に仙台国際センターで開催された、第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会での発表、「不思議遊星歯車機構を応用したレスキューロボットコンテスト用移動機構の開発(三好圭一朗、村田祐哉、齊藤陽平、本間寛己)」が評価されたものです。三好君の研究成果は第17回レスキューロボットコンテスト出場ロボットにも搭載されており、技術審査員に好評でした。